テレビをつければ、ドラマも、音楽も、CMも「韓流」花盛りで衰え知らず。「韓流ゴリ押し反対!」というデモをテレビ局前で起こすほど、違和感を抱く人がいる一方で、どっぷりハマっている人たちも多い。流行に敏感なOLたちは、例に洩れず後者のようで……。5人のOLに語り合ってもらった。

* * *
みき(製造・28歳):オジサン社員の無知ぶりったらないよね。この間も、飲み会で同僚女子3人と韓流話に花を咲かせていたらさ、「何々? キミたちぺ・ヨンジュンのお嫁さんになりたいの?」なんて聞いてきちゃってさ。誰もファンじゃないんで黙ってたら、「結婚したら、名字はペですから……残念〜!」とか、波田陽区が最近はまったくやらないギャグを5年ぶりくらいに披露してくれちゃってさ。

あず(派遣・32歳):何を今さらって感じ!

みき:だから、「別にいいですよ」と3人で応えておいた。

まな(非鉄・28歳):でも、そういうオジサンこそ、韓流女優に熱あげてたりするよね。

ちの(サービス・25歳):古いトコではチェ・ジウ。最近だとキム・テヒとかね。

まな:それを指摘すると、「男が好きになるのはいいけど、女が韓国の俳優を好きになるのはよくない」とか、ワケ分かんないこというんだよ。

ゆめ(建設・27歳):でもオジサンが怒るのもちょっと分かる気がする。私は実家なんだけど、お母さんはイ・ビョンホンにハマりっぱなしで、韓国渡航は20数回だし、娘の私は私で、ネットで韓流ドラマを見ちゃ、友達も見られるように、徹夜で和訳してアップしてるから、父親との会話なんてゼロ。朝も眠くてしょうがないから、やる気が出なくって、部長に「何、また韓流?」なんて嫌味をいわれる始末でさ。

ちの:私も、「爺ちゃんが死んだ」って嘘ついて東方神起のライブ行っちゃった。

みき:私も、残業パスして、新大久保の韓流ボーイズバーなんかに繰り出したりしてるし。

まな:それいうなら、私なんか、会社の電話を「ヨボセヨ」なんつって取っちゃったりして、課長、失笑。

あず:ああ、韓国語の「もしもし」ね。私も、「分かった」って意味の「アラッソ」って言葉が、自然と出ちゃったりするよ。「これ、やっといて」「アラッソ」みたいな。

ゆめ:ってか、ウチら大丈夫? 韓流に熱あげ過ぎて、男ができないどころか会社も追い出されたりしない?

※週刊ポスト2011年11月11日号