HJ文庫「僕の妹は漢字が読める」第2巻

写真拡大

(画像:amazon.co.jpより)
(C)HobbyJAPAN CO.,Ltd All Rights Reserved.

“おなのこ”と“おぱんちゅ”に溢れた正統派文学を取り戻せ!
ホビージャパンより発売された、ライトノベル「僕の妹は漢字が読める」第2巻のご紹介。
 
僕の妹は漢字が読める
日本文学を代表する作家オオダイラ・ガイの最新作『きらりん!おぱんちゅおそらいろ」に感動した高校生イモセ・ギンは、ツンデレ気味だが兄思いのクロハと、クールで少し毒舌系の幼女ミル2人の妹に助けられ、彼が尊敬する作家オオダイラ・ガイの元を訪れる。しかし、そこでギンや妹たちは謎の現象に巻き込まれてしまう事になる。

第2巻では、歴史の書き換えにより、23世紀で萌え要素が奪われてしまう。ギンは、歴史を書き換えた犯人を追い、21世紀に舞い戻るのだが…。

なお、価格は650円(税込)。

【記事:フェイトちゃん】

▼外部リンク
HJ文庫 僕の妹は漢字が読める2
僕の妹は漢字が読める2 (HJ文庫) [文庫]

■関連記事
DCの名作「アンダーディフィート」HD版
ローソン「映画 けいおん!フェア」11月22日スタート
PSP「機動戦士ガンダム 木馬の軌跡」2012年1月発売
コミック「エクセル・サーガ」最終27巻発売
「ほしのこえ」など新海誠さんの3作品がニコニコ生放送で上映決定