全身タトゥーモデルのRick Genest、コンシーラーで全身覆い素顔を公開

写真拡大

 アメリカのメイクアップブランド「DERMABLEND(ダーマブレンド)」が、タトゥーモデルRick Genest(リック・ジュネ)のタトゥーをコンシーラーで覆い尽くすムービーを公開した。10月11日に公開されてから約2週間程で300万回もの視聴数を記録し、普段はタトゥーで隠れて見えない素顔を見ることができることで話題だ。3人のメイクアップアーティストによって素肌メイクが施されるメイキング映像も同時に公開され、100万回を超える視聴数を獲得している。

化粧品で全身のタトゥーを消すの画像を拡大

 胴体だけでなく顔や頭に至るまでタトゥーが施され、"ゾンビボーイ"との異名を持つリック・ジュネ。現在26歳の彼が初めて表舞台に出たのが、パリで行われた「Thierry Mugler(ティエリー・ミュグレー)」の2011-12年秋冬メンズ・コレクションだ。「Thierry Mugler」クリエイティブディレクターNicola Formichetti(ニコラ・フォルミケッティ)が自身初のコレクションのためにFacebook(フェイスブック)上で彼を見つけ、声を掛けたのがきっかけ。ショーへの出演以降は歌手Lady Gaga(レディー・ガガ)の 「Born This Way」のビデオにも出演しており、一躍世界から注目を浴びるようになった。彼が16歳の時に初めてタトゥーを入れてからこれまでにタトゥーに掛けた費用は1万6000(日本円で約112万円)ドルを超えるという。

 メイクには、「DERMABLEND」が販売するスティックタイプの「Leg and Body Tattoo Primer 」とパウダータイプの「Setting Powder」と共に、4本の「Leg and Body Cover」チューブを使用。3人掛かりで1日を掛けてリックの素顔を暴いていった。完成した自身の姿を見たリックは「もしイタズラするなら今だ」とやや興奮してコメントしている。