厚生労働省のまとめによると、2010年度にサービス残業の是正指導を受けた企業、不払い金額ともに増加したことが分かった。


 2010年4月から2011年3月までの1年間に、労働基準監督署が労働基準法違反として是正を指導し、100万円以上の割増賃金を支払った企業は1386社で、支払われた割増賃金は123億2358万円だった。

 前年度に比べて、企業数で165社、金額も7億2060万円の増加となった。対象となった労働者数は11万5231人(前年度比3342人増)で、不払い金額の一人当たり平均額は11万円。
 
 一企業当たり1000万円以上の割増賃金の支払った企業は200社(全体の14.4%)で、最高支払額は3億9409万円(旅館業)。次いで3億8546万円(卸売業)、3億5700万円(電気通信工事業)となっている。

有給休暇取得率 5割に届かず、宿泊・飲食サービス業は3割
産業医への相談 メンタルヘルスが大幅に増加、5年前の2倍近く
ダラダラ残業や生活残業を防止するためには〜適正な労働時間管理と指導方法

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。