ギャルゲーの二次創作からオリジナル小説へ 仁木英之さんインタビュー(3)

写真拡大

 出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!
 第34回の今回は、著書『海遊記―義浄西征伝』(文藝春秋/刊)を刊行した、仁木英之さんです。
 最終回の今回は、仁木さんが作家になった経緯について。
 どうやら、当時夢中になっていたゲームがきっかけになったようです。

■ギャルゲーの二次創作からオリジナル小説へ
―仁木さんが作家になろうと思ったきっかけがありましたら教えてください。

仁木「小学生時代はよく本を読んでいたんですけど、思春期に入るとエロ本ばっかり読むようになって、それから30歳くらいまでエロ本しか読んでいなかったんですよね(笑) 僕は26歳の時に独立して塾を経営して、それから4、5年は忙しかったんですけど、31歳くらいの時にがくっと暇になったんですよ。その時にとあるギャルゲーをやりまして、そこから二次創作にハマったんです」

―最初は二次創作だったんですね。

仁木「そうですね。で、その『CLANNAD』っていうギャルゲーの二次創作にハマって文章を書き始めたんですけど、その時の仲間にオリジナルの小説を書かないかって言われて、書いてみたら今度はオリジナルの魅力にハマったんです」

―初めてオリジナルの小説を書いた時の感想を教えていただけますか。

仁木「こんなに自由なんや!と思いましたね。どうしても二次創作だとキャラクターと設定は決まっているじゃないですか。最初はそれが楽だったんですけど、だんだん窮屈になってきてしまったんです」

―仁木さんといえばご趣味で格闘技をされているとのことですが、格闘技の魅力はどんなところにあるとお考えですか?

仁木「格闘技って筋肉バカがやるように思われがちですけど、実はすごい頭脳戦なんですよ。総合格闘技もフルコンタクトの空手も体全体を使う将棋です。いかに自分の櫓を守るか、飛車を攻めるかということを考える。一瞬でも気を抜くと負けてしまうし、手を尽くせば自分より強い相手でも互角に戦える。そういうところがゲームとしてすごく面白いんです」

―小説を書くことと共通点はありますか?

仁木「なんでしょう。とにかくやっている時はそのことだけに入り込めるというところは両方同じですね」

―仁木さんが人生に影響を受けた本を3冊ほどご紹介いただけますか。

仁木「1冊目は吉川英治さんの『三国志』ですね。一番最初がそれでした。2冊目が開高健さんの『オーパ!』。もう1冊は小田実さんの『何でも見てやろう』です。これは未だに行き詰まると読んでますね。気持ちがスッとするんです」

―小学生時代まではたくさん本を読んでいらしたということですけども、当時はどのような本を読んでいましたか?

仁木「当時は今あげたようなものとか、平井和正さんの『幻魔大戦』や栗本さんの『グイン・サーガ』などを読んでいました。とにかく雑食でしたね。『のらくろ』から百科事典まで本当に何でも読んでいました。中学生になるとエロとアニメに行ってしまったんですけど(笑)」

―インターネットで、好きなサイトやよく見るサイトはありますか?

仁木「今はツイッターにいることが多いです。小説を書きながらタイムラインを流しておいたりしてます」

―ツイッターが出てきたことでファンの方とコミュニケーションを取る機会が増えたかと思いますが、そういったことは作風に影響を与えたりしますか?

仁木「それはないですよ。読んでくれた人はこんな風に考えているんやな、とわかることはありますけど、それがすぐ何かに反映されるということはないです。あくまで何千何万という方の中の一つの意見なので」

―今後の執筆予定を教えていただければと思います。

仁木「朝日新聞出版から五代史シリーズの第3弾『耶律徳光と述律』が出ます。あとは来月講談社から『千里伝』の第3巻が出ます」

―最後になりますが、読者の方々にメッセージをお願いいたします。

仁木「敷居が高そうに見えるかもしれませんが、低いのでぜひ読んでみてください」

■取材後記
お会いした仁木さんは、関西弁で小気味よく話す、気さくな方。仏教関係のお話をしていただいた時は、的確な具体例を交えて説明してくださったので理解しやすかった。
『海遊記』は、ご本人が「敷居が高そうに見えるかもしれませんが、低い」と語るように、純粋に冒険小説として素晴らしい作品なので、宗教を扱っているからといって身構えずに、ぜひ一読してみてほしい。
(取材・記事/山田洋介)


【関連記事】 元記事はこちら
「“海の西遊記”を書こうと思った」仁木英之さんインタビュー(1)
「中国は一番近いファンタジー世界」仁木英之さんインタビュー(2)
道尾秀介はどうして「子ども」を主人公に据えるのか?
「ラスト一行のための長い前ふり」乾ルカさんインタビュー(1)