危険すぎる「自転車専用レーン」

写真拡大 (全2枚)

韓国・忠清南道燕岐郡の幸福都市建設庁は27日、世宗から大田の儒城区までの8.8キロメートルの区間に、往復8車線の拡大工事を行い、同時に自転車専用レーンも設置すると発表した。

だが、自転車専用レーンが、あまりにも危険な場所に設置されていたため、現在非難が相次いでいる。

報道によると、幸福都市建設庁が発表した設計図には、自転車専用レーンが8車線(片側4車線)の高速道路の中央部分に設置するというものだった。100キロ近いスピードで走る上りと下りの車に挟まれながら、自転車が走るということだ。

この危険すぎる自転車専用レーンが設置されるとの発表を受けて、韓国のインターネットユーザーらは「安全性を考えていない」などと批判の声を上げている。

特に、韓国ではバス専用レーンが道路の中央付近に設置されるケースが多く、自転車専用レーンが中央に設置された場合、その両側がバスレーンになる可能性があるという。「自転車にはエンジンのような動力がないから、車が横切る時の風に煽られるのでは」「大型バスが横切った時は飛ばされる」などと指摘するコメントもあった。

また、高速道路はいったん入ってしまうと、数キロ先まで簡単に下りる事はできない。道路の中央に自転車専用レーンが設置された場合、やはり自転車も簡単には下りられなくなると思われる。地下道を設置する計画はあるそうだが、「急用ができたときどうやって道から下りたらいいんだ?」といったコメントも書き込まれている。

参照:往復8車線に挟まれた不安な自転車道路 - ソウル新聞
参照:自転車専用中央道路設置めぐり「論争」 - オーマイニュース

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。