いつものような飄々とした雰囲気とは一変していた日沖発

写真拡大

29日(土・現地時間)にラスベガスのマンダレイベイ・イベンツセンターで開催されるUFC137「Penn vs Diaz」の公開計量が、28日(金・同)に同所で行われた。UFCデビュー戦を明日に控え、日沖発は日本ではそれほど見せたことがない、気合が充満した表情を見せていた。

中学生時代から、共に歩んできたALIVE鈴木陽一代表とともに、ステージに上がった日沖は、服を脱ぐときから気合の入った様子で、きびきびとした動きを見せると、非常に厳しい表情で計量台に。

米国入りした時点で、かなり絞れており、水抜きもほぼ必要なかっただけに、肌艶の良さが見て取れた日沖だが、スクリーンに映った自分の姿を睨みつけるようにしてスケールを下り、ループと向かい合った。ここでも、ループから視線を外さなかった日沖は、かなり入れ込んでいるようにも見てとれた。

入れ込んでいるといえば、メインに出場するBJ・ペンとニック・ディアズだ。ともに計量を終えて、胸を合わせて写真用のポーズと取るが、瞬時にして距離が詰まり、あわや乱闘に。ここで、ダナ・ホワイトが素早く両者の間に割って入り、ことなきを得たが、計量会場は一時、騒然となった。

ジョー・ローガンのインタビューも、ダナが制してニックが先に退場。BJはニックに対して尋ねられ、「試合で戦う対戦相手でしかない」とクールな返答をしたが、彼もまたダナの指示により、通常の退場口とは反対の入場してきた階段を下って、ステージを後にした。
BJ×ディアズ写真&計量結果はコチラ