「“海の西遊記”を書こうと思った」仁木英之さんインタビュー(1)

写真拡大

 出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!
 第34回の今回は、著書『海遊記―義浄西征伝』(文藝春秋/刊)を刊行した、仁木英之さんです。
 『海遊記―義浄西征伝』は、天竺を目指す仏教徒・義浄を描いた冒険小説。
 日本では、天竺へ行った僧といえば“三蔵法師”ですが、それとほぼ同じ時代に天竺を目指した義浄という僧は一体どのような人物だったのでしょうか。
 作品の成り立ちや、仏教について、仁木さんの読書歴まで、広くお話を伺いました。

■「“海の西遊記”を書こうと思った」
―本作『海遊記―義浄西征伝』は義浄という実在した人物が天竺に向かう冒険を描いています。今回この人物を取り上げたことにはどのような理由があったのでしょうか。

仁木「この話にも出てきますけども、義浄の少し前に玄奘三蔵という人が天竺に行きまして、日本では“天竺に向かったのは玄奘”っていうイメージがありますよね。
でも、実は玄奘の前にも法顕という人が陸路で天竺に行っているんです。そして、玄奘のすぐ後に行ったのが義浄というわけなんですが、どうしても玄奘の影に隠れてしまうんですよね。
そういうこともあって、玄奘と近い時代に天竺に行った理由を考えたり、義浄が書いた書物を読んだりしたんですけど、すごく性格が出ていて面白いんです。友達にはなりたくないタイプなんですけど小説の題材としては最高の人物。それで、玄奘は陸路で天竺に向かいましたが、彼は海から行ったということで、“海の西遊記”を書いてみようと思ったんです」

―仁木さんご自身も仏教徒なんですか?

仁木「信条的には仏教徒だと思うんですよね。お寺にいたこともないですし、どこの信者と名乗れるほどでもないんですけど、キリスト教やイスラム教や、いろいろな新宗教の教義を読んでみても、一番しっくりくるのは仏教なのかなと思います」

―義浄について、友達にはなりたくない人物だとおっしゃっていましたが、実際の義浄もこの物語に描かれているように、頑固一筋で偏屈な人間だったのでしょうか。

仁木「そういう人物だった気がするんですよね。彼が書いた仏教の戒律に関する書物があるんですけど、いかに今の中国が間違っているか。古来のインドの戒律が正しいかということを、それこそ延々と書いているんですよ(笑) 一度そう思うとそれを絶対に曲げないし、許せないことがあると絶対許さない。そういう人が友達だと結構しんどいじゃないですか。そういう男だったんですけど、ところどころに愛嬌があって、それを膨らませたのがこの物語で書いたキャラクターです」

―執筆するにあたってどういう物語にしようとイメージしていましたか?

仁木「難しい仏教の話にはしないでおこうと思っていました。たとえば神様はいると信じている人でも、24時間365日ずっと神様を意識しているかというと、そうでもないと思うんですよ。宗教の中身を引っ張り出して書くことも偉大なことだと思いますけど、そんなことよりも義浄というおっさんが船に乗って旅をしたことを書く方が面白いじゃないかと思ったんです」

―確かにすごく読みやすかったです。昔の中国ものって読む前に身構えるじゃないですか。

仁木「ああ〜やっぱり!みんなそう言うんですよね。タイトルが全部漢字で、表紙は坊さんが合掌しているイラストっていうことで身構えてしまうっていう。表紙はイケメンにしておけばよかった(笑)」

―執筆にあたり、かなり資料を読まれたとのことですが、義浄の外見に関する記述はありましたか?本書の中には“焼き固めた煉瓦のような顔”といった記述もありますが。

仁木「それはなかったですね。義浄の外見に関しては想像を膨らませて書きました。肖像画すらあるようなないような人なので」

第二回「中国は一番近いファンタジー世界」に続く


【関連記事】 元記事はこちら
「いつか何とかして書かなければいけないと思っていた」樋口有介さんインタビュー(1)
「ラスト一行のための長い前ふり」乾ルカさんインタビュー(1)
構想から完成まで25年かかった小説―高野和明さんインタビュー(1)
道尾秀介はどうして「子ども」を主人公に据えるのか?