10月23日に放送したNHKの大河ドラマ「江」で「悪質な捏造があった」とネット掲示板で話題になっている。問題視されたのは、主人公・江の夫である徳川秀忠が、豊臣家との戦を避けるために、豊臣秀頼へ手紙を出すという史実にはない場面だ。

大河ドラマ「江」は、放映開始当初から現代語が多用される台詞回しが「リアリティがない」「漫画チックだ」などと批判を受けていた。

今回の放送についても、ネット掲示板では「今更驚かないわ」「篤姫と同じ脚本家の仕事とは思えん」「ひでえな。大河は惰性で見ることも多いけどこれは即切った」と、“史実の捏造”に呆れる声がほとんど。「江」の放送終了まであと一ヶ月を切っている。残りの放送回で、ネットユーザー達の悪評を挽回することはできるのだろうか。

【関連情報】
江〜姫たちの戦国で悪質な捏造「徳川秀忠は豊臣秀頼に『共に天下を治めよう』という手紙を出していた」(歴史的大敗)
電波脚本、幽霊出現、配役年齢ギャップ、NHK大河ドラマ 「江」 の評判がありえないぐらい酷い事に 視聴率も右肩下がり(ニュー速VIPブログ)
NHK大河ドラマ「江」って大部分が現代標準語ですか?(Yahoo!知恵袋)