テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より


お疲れ様です。こちら弊社代表取締役社長、出澤のブログでございますが、出澤の執筆ペースが芳しくないので、本日も社員のスエヒロが「会社」や「社長」について代打で書かせて頂きたいと思います。ホームスチールの気持ちで宜しくお願いします。

ニュアンス

IT全盛の昨今。会話でのコミュニケーションだけでなく、メールやメッセンジャーといったコミュニケーションも、現代のビジネスシーンでは欠かせないものの一つとなってきましたよね。弊社ではIRCの利用も盛んなのですが、時折ニックネームなどでログインしている方に話しかけられて、「誰ですか?」という言葉のタイミングを見失い、おっかなびっくり会話が続くこともしばしば。大人力も磨かれますね。

さてそんな便利な文字によるコミュニケーションですが、文字のみがゆえの問題もあったりしますよね。慣れてくれば勘所もわかってくるのですが、会話の延長で気軽に使っていたりすると、微妙な齟齬が起きてしまったり、細かなニュアンスが伝わりにくかったという一面もあったりしますよね。

今日はその中でも文字コミュニケーションにおける「文末」について考えてみたいと思います。何かを発言する時の「文末」のというものは、それだけで発言全体のイメージやニュアンスがガラリと変わってしまったりする非常に重要なものです。例えば「はい」という返事の言葉。この文末を

「はい。」とするか「はい!」とするか

でかなりニュアンスが変わってしまいますよね。

表現としてはよくある「。」と「!」なんですが、後者のほうが勢いの良さを感じますよね。背筋をしゃんと伸ばして返事している元気っ子のような雰囲気を感じます。しかしながら、これが例えばトラブル中のやりとりだったり、反省の意を示す必要がある場面だったりすると、この「!」は全くもって逆効果ですよね。おいなんだその「!」は、となりますよね。

このように難しい文末表現なんですが、しかし逆に言えば、この文末表現をマスターすれば自分の気持の表現TPOのみならず、相手の心理状況や気持ちを汲み取ってコミュニケーションを円滑に進めることができますよね。

というわけで今日は様々な文末パターンを洗い出して、リストにしてみました。コレを使って文字コミュニケーション力の向上を目指したいと思います。


文末パターンリスト

tmp2

これでバッチリですね♪♯


ライブドアでは今日も元気なスタッフを募集しております。
株式会社ライブドア - 採用情報
以上、宜しくお願い致します。

続きを読む

この記事の元ブログ: メールやメッセで使える「ニュアンス文末」


最新の人気記事はコチラ
コーヒーショップで慌てない為のサイズ早見表このエントリーを含むはてなブックマーク
演歌タイトル早見表このエントリーを含むはてなブックマーク
もしも城が賃貸物件だったらこのエントリーを含むはてなブックマーク
英語で喋りたくナイトこのエントリーを含むはてなブックマーク
昔のアイドル文体を検証するこのエントリーを含むはてなブックマーク
急ぎでお願い!会社で使える「ゆるふわ催促カード」このエントリーを含むはてなブックマーク
大政奉還のプレスリリースを書くこのエントリーを含むはてなブックマーク