テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

「演歌を作ってあとはタイトルを付けるだけ!
だけど演歌は同じようなタイトルが多くて悩んでしまう……」

なんてこと多いですよね。
そこで、どのタイトルがすでに使われていて、どのタイトルが使われていないかが簡単に確認できる早見表を作りました。


(表1)一般的な表
表1


行と列の項目を組み合わせたものがタイトルとなり、そこに書かれた記号により

○ → まだタイトルとして使われていない
× → すでに使われている
△ → 使われてはいないが、似たようなタイトルが存在する

と3種類に分類されます。

例えば、「ひとり酒」というタイトルは×なのですでに存在しますが、「ひとり太鼓」は○ですので存在せず、使用しても誰とも被らないことになります。

この表から「●●船」(あるいは「▲▲舟」)というタイプは人気なのか、すべて使用されていることがわかります。

また「あばれ○○」のパターンで使えるタイトルは二つありますが、

あばれ酒 → ただの悪酔いする人の歌
あばれ坂 → 坂で暴れる人の歌

のイメージしか与えず、使用しにくいかもしれません。

なお、△がついているタイトルは

夫婦将棋 → 夫婦駒
ひとり海峡 → 海峡ひとり旅
ふたり太鼓 → 相愛太鼓
あばれ将棋 → あばれ駒
人生酒 → 人生酒語り

というように、似たタイトルが存在します。



(表2)大泉逸郎さん用の表
表2


「孫に関する曲ばかり作りすぎて、どのタイトルをつけたのかわからなくなってしまった!」という大泉逸郎さんのための表がこれです。
また、「孫に関する良い曲できたから発表したいんだけど、大泉逸郎さんのタイトルと被らないようにしないと!」という人もお使いいただけます。

表1の行に「孫」を追加したものであり、この表から、「孫」は大変使い勝手が良いことがわかります。



(表3)大泉逸郎さん用の表2
表3


こちらも表2同様、大泉逸郎さんか孫の曲を作った人用となります。
列に追加しもので、後半に「孫」が付くタイプの曲を検索することができます。
こちらの表からも、「孫」は使い放題であることがわかります。



(表4)人数別の表
表4

表1をご覧いただけるとわかるように、「ひとり」と「ふたり」では使用状況が異なります。
そこで人数別に分類したのがこの表です。
人数が増えれば増えるほど、使われていない率が高くなるようです。

(※以上、2011年10月26日現在)
続きを読む

この記事の元ブログ: 演歌タイトル早見表


最新の人気記事はコチラ
コーヒーショップで慌てない為のサイズ早見表このエントリーを含むはてなブックマーク
演歌タイトル早見表このエントリーを含むはてなブックマーク
もしも城が賃貸物件だったらこのエントリーを含むはてなブックマーク
英語で喋りたくナイトこのエントリーを含むはてなブックマーク
昔のアイドル文体を検証するこのエントリーを含むはてなブックマーク
急ぎでお願い!会社で使える「ゆるふわ催促カード」このエントリーを含むはてなブックマーク
大政奉還のプレスリリースを書くこのエントリーを含むはてなブックマーク