トルコで現地時間の23日に発生したM7.2の大地震では、死者・行方不明者が1000人を超えることが予想されている。また、タイでは3カ月にわたって続いた大雨によって50年に一度の洪水が発生、国全体が孤島のようになってしまった。両国の災害に対し、韓国の朝鮮日報は「わが国が恩知らずではないことを援助で証明した」と伝えた。

 報道によれば、韓国政府はタイ政府に対し、すでに70万ドルの救援物資を提供し、移動式の浄水器も援助する計画だ。さらにトルコ政府に対しては、捜索救助隊の派遣と支援物資を送る準備があることを伝えているという。しかし、トルコ側からは今のところ必要ないとの回答があり、援助計画は保留となっている。

 報道によれば、トルコは朝鮮戦争時に韓国に対して、1.5万人の兵力を派遣し、741人が戦死、163人が行方不明になった。タイも6300人の兵力を派遣し、134人が死亡、行方不明になっていた。当時、トルコとタイの国民の間では、韓国という国の存在すらほとんど知られていない状態であったが、「韓国国民はこの時の恩に報いるため、トルコ・タイ両国での災害発生のニュースに対して、他国よりも積極的な態度を取っている」のだという。

 記事は、「朝鮮戦争時のトルコとタイの状況はわが国よりは良かったとはいえ、今のわが国ほど経済が発展していたわけではなかった。韓国政府はトルコとタイに対して、直ちにできる限りの援助を行うことで、韓国国民は恩知らずではないことを行動によって証明しているのだ」と報じた。(編集担当:及川源十郎)