30歳前後の読者を想定したファッション誌『BAILA』。3人のモデルが交代でカバーガールを務めていますが、梨花、SHIHOに 続いて、理衣も妊婦に。独身の働く女性向けの雑誌であるのに、"子どもともに"表紙を飾っているという、前代未聞の事態が起こっています。

 なかでも、梨花は今年でデビュー20周年。人気モデルとして輝きながら、結婚、妊娠、そして出産に向かおうとする彼女に、女性として の理想型を見る人も少なくないかもしれません。発売されたばかりの『Rinka's Only Days』でセクシーなマタニティ姿を披露し、生い立ちから、夫との出会い、結婚への経緯。そして、試練を乗り越えて子を授かった心境などを語っていま す。自分の言葉で、素直に心の内を見せる彼女を、アラサー女子はまた魅力的に感じるのではないでしょうか。

 25歳から34歳の働く未婚女性500人を対象に実施したあるアンケートで、「言葉で愛情表現をしてほしいと思いますか?」と尋ねた ところ、84%の人が「そう思う」と回答。さらに、「最近、自分は愛の言葉が足りていると思いますか?」と聞くと、77%の人が「そう思わな い」と答えました。

 自分の方からは愛情表現はあまりしていないが、男性には愛をささやいてほしい。要約するとこんな感じでしょうか。

 そこで思い出すのが、チャン・グンソクがカメラ目線で"ツンデレ"的にささやくCM。「愛してあげない」と言っておきながら、「愛し てあげる」とチョコレートを差し出す、ロッテ『シャルロッテ・アイ』のそれです。

 「普段はクールなのに、ストレートに『とろけるほどの愛』をささやいてくれたり、ふとした瞬間に見せる無邪気な笑顔でギャップがある男 性」がアラサー女性の心をつかむと、恋愛コラムニストの相沢あいさんは話します。その意味で、チャン・グンソクは適任とか。CMを見て、ド キッとさせられた女性も多いのかもしれません。

 現在、シャルロッテ・アイのスペシャルコンテンツでは、「とろけるほどのアイ診断」を実施中。5つの質問に答えるだけで、あなたの恋 愛タイプが何かを診断してくれ、恋愛をもっととろけさせるヒントを手に入れられずはずです。

 理想の"ファッション・アイコン"のように、素直に愛を語ってみるのもいいかもしれません。


【関連リンク】
シャルロッテ・アイ オフィシャルサイト



『アラサー女性はなぜ憧れる? 梨花が「デビュー20周年」記念本発売』
 著者:
 出版社:SDP
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『ソーシャルメディアの時代、人間関係は性や世代を越える? 』(2011年10月22日13:00)
『日常生活も楽しくなる「世界一周旅行」初心者向けガイドブック』(2011年10月21日15:00)
『綾辻行人氏ら審査員が大絶賛、本格ミステリー『消失グラデーション』に挑戦』(2011年10月21日13:00)


■配信元
WEB本の雑誌