10月25日、月刊情報誌『ウレぴあ』が創刊されました。誌名にある「ぴあ」はもちろん、今年7月に39年の幕を閉じた情報誌『ぴあ』のこと。このたび、週刊から月刊へ衣替えし、音楽、映画、テレビだけでなく、グルメやモノまでをエンタテイメントとしてとらえ、情報発信をしていくそうです。

 『ウレぴあ』の「ウレ」は「売れる」と「うれしい」の意。情報を提供するだけでなく、ネットユーザーとコミュニケーションをとり、"ウレ線"のトレンドをユーザーと一緒につくりだしていくことも目標としています。ひとつの「メディアサービス」がユーザーを巻きこんで、エンタテインメントとして楽しまれる存在になる。それが"新生ぴあ"の最大の特徴といえるでしょう。

 創刊を記念し、『ウレぴあ』は東京、大阪、名古屋の各都市で11000人への街頭インタビューを実施しました。

 30代〜40代のビジネスマン、OLを中心に「あなたにとって最高の映画は?」と質問。第1位に輝いたのは、484票を得た『タイタニック』(1997年)でした。以下、2位『ハリー・ポッター』、3位『ショーシャンクの空に』、4位『パイレーツオブカリビアン』、5位『アルマゲドン』という結果になりました。邦画では9位に今秋公開の『モテキ』、10位にアニメ『となりのトトロ』がランクインしました。
 
 その他、詳細や『世界に誇れる日本人』のアンケート結果は、『ウレぴあ総研』のサイトで確認することができます。今後もユーザーの声を集め、いろいろな調査や商品開発をおこなう予定です。

【関連リンク】
ウレぴあ総研



『ウェブと連動する月刊誌『ウレぴあ』創刊』
 著者:
 出版社:ぴあ
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『本当に死ぬかもしれない「死ぬほど旨い料理」があったら、あなたは食べる?』(2011年10月19日08:00)
『未解決のまま終えた前作の続きを描く、有栖川有栖氏の意欲作〜『真夜中の探偵』』(2011年10月18日21:00)
『2011年度「このミス」大賞は、現役弁護士の書いたハードボイルド作品に』(2011年10月18日16:30)


■配信元
WEB本の雑誌