新井素子が自分自身の結婚をめぐるドタバタをネタに書いた恋愛コメディ『結婚物語』は、1986年に角川文庫から上中下の3巻本で刊行。人気SF作家のまさかの実録小説として、発表当時、センセーションを巻き起こした。

 沢口靖子が新井素子を----じゃなくて、新井素子をモデルにした女性作家・陽子を演じ、旦那のほうを陣内孝則が演じた全7回のテレビドラマ版(日本テレビ系「土曜グランド劇場」1987年2月14日〜3月28日)も話題を集め、続編の『新婚物語』も、同一枠・同一キャストでドラマ化されている(1988年10月8日〜1989年1月28日)。

〈Web小説中公〉の連載をまとめた新作長編『銀婚式物語』では、2010年3月に銀婚式を迎えた新井素子夫妻の結婚生活を下敷きに、『新婚物語』"その後"の陽子・正彦夫妻が赤裸々に描かれる。家を建てるドタバタや、夫婦で囲碁を楽しむ日々など、愉快なエピソードばかりではなく、「病院の日々」「妊娠への道----行き止まりだったけど」「去っていった人々」など、人生につきまとう困難をざっくばらんに語った章もある。

 結婚から25年経てば銀婚式を迎えるのは理の当然ですが(考えてみれば我が家も再来年か)、そうはいっても、あの新井素子が......と思うと感慨深い。
 デビュー当時からの新井素子ファンにとっては、いろんな意味で、人生を見つめ直す機会を与えてくれる1冊。

 なお、『銀婚式物語』刊行と同時に、『結婚物語』も中公文庫から上下巻で再刊されている。未読の方はこの機会にぜひ。

(大森望)







■ 関連記事
『小松左京追悼トークイベント続々開催』(2011年9月16日13:27)
『第145回直木賞、全候補作最速チェック&予想』(2011年7月4日08:00)
『第145回芥川賞、全候補作最速チェック&予想』(2011年7月4日07:51)


■配信元
WEB本の雑誌