111025NEWSbento01.jpgあなたの定番ランチはどんなスタイルですか?こだわりの手作り弁当?ゆったり外食?それとも時間がなくてPCの前で軽くつまむのみ?

ヨーロッパのランチはサンドウィッチが主流のイメージがありますが、最近では日本の弁当の習慣が浸透してきています。海外文化も躊躇せず取り入れる欧米のロハス女性の間では、ランチタイムには手作り「BENTO」を食べるのが断然おしゃれ!なのだそう。 Photo by yoppy

仕事もプライベートも充実した彼女たちのBENTOは、シンプル&ヘルシーがモットー定番のメニューは、キヌアやクスクス、リゾーニ、レンズ豆、デュラム小麦などの穀物類を野菜やハーブと混ぜた中東風のベジタリアンミックスサラダです。サイドディッシュに卵料理を添えたり、デザートにフルーツやヨーグルトを足せば、栄養のバランスもパーフェクトなロハスBENTOに仕上がります。

111025NEWSbento02.jpg

それでは、基本的なBENTOサラダの作り方をご紹介します。

<材料>
―キヌア、クスクスなど穀物一種 50g
―トマト 1個
―ミント(フレッシュ) テーブルスプーン 一杯
―パセリ(フレッシュ) テーブルスプーン 一杯
―レモン 4分の一程度
―オリーブオイル テーブルスプーン1杯
―塩、こしょう 適量

<作り方>
茹でた穀物を冷ましてから、みじん切りにしたトマト、ミント、パセリをまぜて塩こしょうし、絞ったレモン汁とオリーブオイルで和えてしばらく冷蔵庫で寝かせるだけです。簡単ですよね。前の日に作っておけば朝の支度も楽になりますね。

自らのアイデンティティを強く持つヨーロッパの女性たち。キュウリやニンジンなどお好みの野菜を加えたり、バジルやコリアンダーを足したり、米やショートパスタを代用したりと、BENTOにもその個性を演出することも忘れません。レモンの代わりに梅干しのみじん切りやゆず胡椒など、和の風味を効かせるのも粋ですね。

ヨーロッパのBENTOスタイルを参考に、ロハスなランチタイムを過ごしてみるのはいかがですか?

[Danone au naturel]

text by びねくにこ
--------------------------------------------------------------------------------
profilebine.jpgフリーの翻訳者・ライターとして活動し、フランスと南アフリカを経て、現在はフランス人の夫と息子(と犬&猫)と共にベルギー在住。仏系メディカルアロマテラピーと英国系ビューティ&サイコアロマテラピーを学び、ライフコーチングディプロマも取得。ホリスティックなアロマライフカウンセラーとしても活動中。心と体にいいと噂されるものは試さずにはいられない質。沖縄県出身。上智大学外国部学部卒。パリ第3大学ヨーロッパ研究学科卒。
Twitter ID: kuubinet
■ あわせて読みたい
2012年のケーキ・トレンドは「グルテンフリー」! セレブも夢中になるその魅力とは?
天然ヨードたっぷりの重要文化遺産で採れる「スロベニアの塩の花」とは?
行列のできる日本食屋さん! パリでも『BENTO』はヘルシーフードの代名詞
アヴェダ創設者が精魂込めるオーガニックコスメ! 日本未入荷「Intelligent Nutrients」とは?
便秘&腸内環境スッキリ! スロベニア発の超硬水ミネラルウォーター「ドナト」がスゴイ
日本で大人気だったあのドリンクが復活!? ニューヨークで大流行中のKombuchaとは!?
ギリシャが熱い!? 地中海の自然の恵みたっぷり「ギリシャコスメ」
ロハスなパリジェンヌは、自転車の乗り捨てが当たりまえ!? パリの最先端エコ事情