東コレのトリ「VERSUS TOKYO」一般参加型ファッションフェス開幕

写真拡大

 東京のファッションシーンを牽引する8ブランドが新作を発表する初の一般参加型ファッションイベント「VERSUS TOKYO(ヴァーサス トーキョー)」が六本木の「東京ミッドタウン」で開幕した。12時の「FACETASM(ファセッタズム)」を皮切りに、10時間にわたって各デザイナーがクリエイションをぶつけ合う。

ファッションフェス「VERSUS TOKYO」開幕の画像を拡大

 「VERSUS TOKYO」の参加ブランドは、トップバッターとしてランウェイショーデビューを果たした「FACETASM」をはじめ、屋外の芝生広場でインスタレーションを予定している「soe(ソーイ)」 、唯一のウィメンズブランド「plumpynuts(プランピーナッツ) 」、圧倒的なクリエイションで存在感を増す「PHENOMENON(フェノメノン) 」、木村多津也氏と吉田早苗氏のデザイナーデュオによる「DISCOVERED(ディスカバード) 」、ストリート発祥のダークホース「WHIZ LIMITED(ウィズ リミテッド)」、パフォーマーがゲリラ的に出現する「SASQUATCHfabrix.(サスクワァッチファブリックス)」、そしてトリを飾る「mastermind JAPAN(マスターマインド ジャパン)まで、気鋭ブランドがそれぞれの形で最新コレクションを発表する。

 イベントのプロデューサーは、「CELUX(セリュックス)」のバイヤーや「LOVELESS(ラブレス)」のヘッドコーチを務め、現在はコンセプトショップ「THE CONTEMPORARY FIX(ザ・コンテンポラリー・フィックス)」とカフェ&デリ「PARIYA(パリヤ)」のオーナーを兼任する吉井雄一氏。当日の朝、「ドキドキしている。僕もお客さんと楽しめるようにリハーサルは見ないようにしているくらい。どのデザイナーも思い切りやってくれると思う」と話し、初のイベントに期待を寄せた。コレクション発表以外にも、デザイナーが対談するトークショーや限定商品の販売、そして当日解禁のサプライズコンテンツが多数用意されるという。また、各ショーはオンラインを通じてライブ中継(http://www.fashionsnap.com/tokyo-fashion-film/2012ss/)を実施する。

 なお、「VERSUS TOKYO」のショーは初のチケット制で一般向けに販売し、当日も立ち見券を配布。会場にくれば誰でも楽しめるコンテンツが用意されている。その収益は東日本大震災の復興の為、日本赤十字社に寄付を予定。さらに22日の夜21時には、青山のLE BARON DE PARIS(ル・バロン・ド・パリ)でアフターパーティーが計画され、各デザイナーがDJと組んで東京の夜をファッションで盛り上げる。


■VERSUS TOKYO
 日時:2011年10月22日(土)12:00〜22:00
 場所:東京ミッドタウン

<タイムスケジュール>
 12:00 FACETASM[東京ミッドタウン・ホール]
 13:30 VERSUS TALK 1[プラザ1F キャノピー・スクエア]
 15:00 soe[ミッドタウン・ガーデン]*
 16:00 plumpynuts[プラザ1F キャノピー・スクエア]
 17:00 PHENOMENON[東京ミッドタウン・ホール]
 18:00 DISCOVERED[ガレリアB1F ウッド・テラス]
 18:30 WHIZ LIMITED[プラザ1F キャノピー・スクエア]
 20:00 VERSUS TALK 2 & LIVE[プラザ1F キャノピー・スクエア]
 21:30 mastermind JAPAN[東京ミッドタウン・ホール]

 12:00〜20:00 SASQUATCHfabrix.[東京ミッドタウン内各所]*

*soeとSASQUATCHfabrix.はランウェイ・ショーではなくインスタレーション、パフォーマンスでの発表(無料)。