111021NEWStenugui01.jpg今夏の猛暑では、保冷剤をてぬぐいで巻き、首の後ろにあてている人を見かけました。さしずめ和風バンダナ? 柄を選べば、結構おしゃれになるものです。

風呂敷と並び、その多様な使い勝手が改めて注目を集めている「てぬぐい」。少し前までは、キッチンにおいてもやや地味な存在でしたが、最近はデザインの力によって、新たな息を吹き込まれているように思います。

今回ご紹介するのは、老舗の呉服屋さんとデザイナーが組んでつくった現代風てぬぐい」。モダンデザインが新鮮です。観葉植物として人気のモンステラも、こんな風に染め抜かれるとカッコイイ! 額装してインテリアのアクセントにしてもよさそうです。

111021NEWStenugui02.jpg

もちろん、日常生活でも大活躍。
布巾として使い、くたびれてきたら雑巾にすればOK。昔は、くたくたになったてぬぐいを裂いて、ハタキにしていたそうです。最後の最後まで活躍……まさにエコグッズの鑑

また、掃除や庭仕事のときに、首に巻いたり、頭にかぶったりもできます。素敵なデザインなら、恥ずかしくないはず。ちなみに、てぬぐいの布の両端は切りっぱなしになっていますが、端を縫わないことで乾きが早く、雑菌の繁殖を防ぐ効果があるのだとか。ちゃんと意味があるんですね。

てぬぐいの生地をつかった、エプロンやエコバッグもあります。写真のバーコード柄は、男性受けしそうなデザインですね。彼氏やダンナさまへのプレゼントにいいかもしれません。犬の足跡柄のサブバッグは、ワンちゃんのお散歩のお供にぴったりの愛らしさです。

111021NEWStenugui03.jpg

これから年末にかけて、大掃除でも大活躍してくれるてぬぐい。好きな柄をそろえれば、掃除のモチベーションもあがりそうです。何枚か揃えて、いろんな場面で活用してみませんか?

[きれ屋]

川口章子(フリーランスエディター/ライター).................................................................................................
kawaguchisyouko01.jpg出版社で企業広告のディレクター、読者マーケティングなどの仕事を経て独立。エコグッズ通販サイトのコラム執筆、ロハス系雑誌の創刊や編集に関わる。ほかに住宅、インテリア、育児などをテーマにした執筆も。

■ あわせて読みたい
10年愛用できる! 消しゴムをヒントに生まれた洗剤いらずの長持ちお掃除ブラシ
嫌なニオイは消してイイ香りは残す! エコな消臭剤で爽やかな新年を送ろう
料理がぐんとランクアップして見える!? お正月にぴったりな美しい木のテーブルウエア
やわらかくてぽかぽか! ウエットスーツ素材で心までぬくもる、愛らしい湯たんぽ
エコ&フェアトレード! 発展途上国の女性たちがつくる、カラフルで実用的なバッグ
黒はクマ、白はネズミ!? 廃棄物がかわいいプロダクトに大変身!
まばたきの間に起きていることを知れば、世界の見え方が変わる!