次世代自販機にスロットゲームが搭載 当たると商品がもう1本!

写真拡大




10月18日から、JR東日本ウォータービジネスは展開中の次世代自販機に、『アミューズメント機能』を活用したプロモーションプログラムを開始しました。新商品の『青森ぬくもりりんご』と『アミューズメント機能』のスロットゲームを満喫してきたので、紹介します。

購入画面はこんな感じ
次世代自販機とは、タッチパネルディスプレイ(デジタルサイネージ)を活用し、飲料の魅力を表現するとともに、直感的な操作性を実現した、新しい自動販売機です。通常の自動販売機の約1.8倍(2011年7月時点)の売上を上げるなど、非常に話題を集めています。ビジネスモデル、販売手法、デザイン、機能など全てにわたり画期的な提案が込められているとして、『2011年度グッドデザイン賞』を受賞しました。現在首都圏を中心に59台稼働中。今後は、500台を目標に徐々に数を増やしていくそうです。

スロット開始!
今回実施される『アミューズメント機能』とは、キャンペーン期間中に対象商品を購入すると、スロットゲームなどの抽選画面に切り替わり、 当たりが出ればもう1本もらえるなどの特典を提供するサービスです。

購入画面はこんな感じ
通常の自動販売機は、朝に売り上げのピークが来る『時間短縮型』ですが、次世代自販機は昼と夜に売れる『時間消費型』のニーズもあることが分かりました。『時間消費型』は、次世代自販機を使うこと自体を楽しんでおり、そのニーズに対応する一つの機能として、アミューズメント機能が開発されました。この機能を搭載する理由は、主にもっと買うことを楽しんで欲しいから。

女性版の宣伝
アミューズメント機能の楽しみ方は超簡単! 次世代自販機はセグメントセンサという機能により、お客様の属性(性別・年代)を判定。判定した属性に合わせて映像を表示する機能を持っています。まずは次世代自販機の前に立ち、今回の対象商品である『青森ぬくもりりんご』をタッチ! すると、男は“ほっとゆったり”、女は“ちょっとほっと”といった、お客様の属性に応じた商品の詳細が表示されます。そして、購入後のスロットゲームで見事当たりが出るともう1本ゲット!

新製品『青森ぬくもりりんご』
『青森ぬくもりりんご』はエキナカ限定発売のホット地産果汁飲料です。青森県産のりんご果汁を70%使用しています。これはホット果汁飲料としては果汁量高めで、午後から夜の帰宅時間帯に小腹満たしとして最適な『おやつ飲料』です。甘くて嗜好性の高い飲料をコンセプトとしているとのこと。実際に飲んでみると、これはおいしい! りんごの甘さが疲れを癒し、甘すぎず、すっきりとした後味です。

当たったらもう1本貰えます
記者もさっそくアミューズメント機能を試してみましたが、結果は613……と全くの大はずれ。購入後のスロットゲームはどうやったら当たりが出るのか、「コツはあるんですか?」とぶっちゃけ聞いてみると、「私にも分かりません(笑)」とのこと。当たるかどうかは神のみぞ知る! と言ったところでしょうか。

購入者と遭遇!
今後は『Suica』等の交通系電子マネーで購入した際の購買履歴を活用したポイントシステムや、あみだくじなどの機能も順次公開される予定です。趣向を凝らしたアミューズメント機能で、あなたも運試しをしてみませんか?