【懐かしいゲーム特集】「スパイVSスパイ」(ファミコン版)

写真拡大

過激な産業スパイ!

(画像:amazon.co.jpより)
©ケムコ

「スパイVSスパイ」はケムコからファミコン版として1986年にリリースされたアクションゲームです。

このゲームは2人同時プレイ(対戦相手はCPUも可)前提で、敵の産業スパイと取り合いながら4つのアイテムを奪い合いながら制限時間内に飛行機で脱出するという内容です。

このゲームで面白いのは部屋・ドア・家具等にトラップを仕掛けて敵のスパイを罠に嵌めるという点です。これにより敵スパイを封じ込めてその間にアイテムを探すというテクニックがあります。また、殴り合いという方法もあるのですがこのスパイ
達はかなり過激です。

但し、少々不条理な点もあります。それはスパイが何故アイテムを集めるのか?また敵を倒しても一定時間内で復帰出来るのは何故か(流石に爆弾とかだと死にそうです)?対戦相手以外の外敵がいないのは何故?その答えは未だに出ていません。

現在のゲームジャンルとしてみると戦略性の高いアクションパズルゲームという感じになりそうです。また「スパイVSスパイ」のゲーム性については現在のゲームと遜色が無いレベルなのは驚きです。ゲームアイデアの可能性について感じさせてくれた作品です。

※タイトーの「エレベーターアクション」も産業スパイが重要書類を奪い取って脱出するのが目的ですが、基本的に不法侵入者なので攻撃されても仕方がないです。

【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
スパイVSスパイ

■関連記事
冷温停止・ステップ2完了は年末か、原発技術を振り返る(後編)〜G・Joe?はかく語りき〜
冷温停止・ステップ2完了は年末か、原発技術を振り返る(前編)〜G・Joe?はかく語りき〜
【アニメ】「Fate/Zero」第4話は「ランサーの執念」(ネタばれ注意)
【アニメ】「真剣で私に恋しなさい!!」第4話その2は「川神一子は良い子」(ネタばれ注意)
【アニメ】「真剣で私に恋しなさい!!」第4話その1は「クリスは我が家のお稲荷さま。」(ネタばれ注意)