渋谷に日本初 フレグランス専用″自動販売機″設置、2日間限定

写真拡大

 東京・渋谷の「渋谷パルコ」公園通り広場に10月22日と23日の2日間、日本初のフレグランス専用自動販売機が設置される。同日より限定発売される「CALVIN KLEIN(カルバン・クライン)」の限定ミニボトル「ck one on-the-go(シーケーワン オン・ザ・ゴー)」を販売する自動販売機の近くでは、ミニボトル誕生を記念して各日13時半と16時半にダンサーらによるダンスパフォーマンスが計画されている。

フレグランス専用“自販機”登場の画像をもっと見る

 「ck one on-the-go」は、長年愛用されているシンプルで控えめなオリジナルフレグランス「ck one」を"自由に持ち運べる共有するスピリット、誰であっても、どこにいても"のコンセプトのもと小振りな20mlサイズに収めた限定ミニボトル。直感から生まれたというプラスチック製の容器を使用したスリムなボトルデザインで、「ck one」を"モダンで携帯可能な手のひらサイズ"へとアレンジしている。2日間渋谷パルコの公園通り広場に設置される自動販売機で販売される他、渋谷パルコパート1・B1階フロアのほか全国のパルコ限定で店頭でも販売。価格は1,575円(税込)。

  発売に伴い「CALVIN KLEIN」は、2011年春に開設された公式サイト「ckone.com」で「ck one on-the-go」の広告キャンペーンを実施。モデルやアスリート、ミュージシャンなど、様々なバックグラウンドや国籍、才能を持ったモデルが登場し、ブランドの自由さや個性がを発信していく予定だ。

■公式サイト「ckone.com」
URL:http://www.ckone.com/