FACETASM、2012 春夏の最新コレクション

写真拡大

 2007年デビューの「FACETASM(ファセッタズム)」が、ブランド初のランウェイショーを東京ミッドタウンで開催した。8ブランドがクリエイションをぶつけ合う初のファッション イベント「VERSUS TOKYO(ヴァーサス トーキョー)」のキックオフショーを担当したデザイナー落合宏理(Hiromichi Ochiai)によるテーマは「TO BE CRUCIALLY FREE -決定的に自由であるために-」。

  チベット仏教やハードコア、ヒッピー、スクールなど男の子の幅広い興味やカルチャーをミックスしたワークテイストのメンズと、それらをモードに高めたウィメンズ。得意とするインクジェットプリントのタイダイ柄を今季のメインに、ストライプやフリルなどあらゆるディテールをマッシュアップすることで今の時代に沿わせた。チェーンソーバッグは「もの作り」の象徴だ。初のショーについて「ずっと夢だった」と落合。「自由」と「ハッピー」を意識し、エネルギッシュなステージがオープニングを飾った。



 DESIGNER : 落合 宏理

 DIRECTOR : 籠谷 友近 (SUN)

 STYLIST : 山田 陵太 (MENS) / FACETASM (WOMENS)

 HAIR : ABE (m0)

 MAKE : YUKI (m0)

 MUSIC : CITY COUNTRY CITY


FACETASMのコレクション画像を見る