政府は10月21日、住宅エコポイントを盛り込んだ2011年度第3次補正予算案を閣議決定、これにより本年7月末で終了していた住宅エコポイントが再開されることになった。
再開後の通称は「復興支援・住宅エコポイント」で、これまで目的としていた「住宅の省エネ化」「住宅市場の活性化」の他、「被災地復興支援」が加えられた。それに合わせて内容も一部変更、新築の場合は被災地に30万ポイント、被災地以外は従来の半分となる15万ポイントが付与される。一方のリフォームについては、従来どおり窓の改修工事、外壁、天井・屋根・床の改修工事、バリアフリー、省エネ住宅設備などを行った場合に最大30万ポイントを付与する他、新たに耐震改修工事(15万ポイント)とリフォーム瑕疵保険加入(1万ポイント)を追加、このうち耐震改修工事は別途加算ができ、最大45万ポイントが付与されるなど拡充された。
この他、ポイント交換対象商品についても被災地支援を重視、全国型の商品券やプリペードカードはなくなり、被災地の産品、製品、商品券が新たに設定された。追加工事への即時交換は継続される。
工事対象期間は、新築が平成23年10月21日〜平成24年10月31日。リフォームが平成23年11月21日〜平成24年10月31日。予算は1446億円。