「いつか何とかして書かなければいけないと思っていた」樋口有介さんインタビュー(1)

写真拡大

 出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!
 第33回の今回は、著書『ピース』(中央公論新社/刊)が文庫化され25万部を超えるベストセラーになっている樋口有介さんです。
 この作品は秩父で起こった連続殺人事件を扱っているのですが、実は樋口さんの実体験にもとづいています。
 青年時代の樋口さんが体験した“事件”とはいったい何だったのでしょうか。

■「いつか何とかして書かなければいけないと思っていた」
―樋口さんの著書である『ピース』が文庫化以降売れつづけ、とうとう25万部を突破しました。これだけ読者に受け入れられたことをどうお考えですか?

樋口「暗い話ですから、そんなに売れるとは思いませんでした。嬉しいことではありますが、気持ち悪くもありますね」

―どういったところからこの作品のアイデアが生まれたのでしょうか。

樋口「デビューする前から、いつかは書かなくてはいけないなと思っていたテーマです。作中で主人公の青年がある廃村へ入っていく場面があるのですが、そこは私か住んでいた場所を、リアルに描写したものです。もう二十五年も前のことですが、そして、そのときにあの航空機事故がありました」

―『ピース』で描かれている御巣鷹山の航空機墜落事故ですね。

樋口「ええ、私が廃村に住んでいた時の話です。当時、私は自給自足のようなことをやりながら売れない小説を書いて暮らしていたんですよ」

―実際に、墜落していくところはご覧になったんですか?

樋口「そこまでは見てないです。事故があったとき、私は出かけていましたし、事故現場と私が住んでいた場所は山をひとつ隔てていましたしね。ですが事故の第一報は両神山に墜ちた、というもので、大変な騒ぎになりました。ただ、すぐに事故現場は秩父でなく県境を越えた群馬だということが判明して、そうなると秩父側は“知らないや”ということに」

―当時の騒ぎをどんな気持ちで見ていましたか?

樋口「遺体から何からぜんぶ群馬県側の学校に集められて、私も近くを通りましたが、大混乱でした。マスコミも来ていましたし、あとは医者だの警察だの消防だの…とてつもない騒ぎでした。私は群馬の前橋生まれだったので、実家へ行くときはその大混乱のなかを通るわけですよ。あの惨状は今でも忘れられません」

―実体験が盛り込まれた作品だったんですね。

樋口「それこそテレビで、子供たちがこの作品に書いてあるような騒ぎを起こしたわけです。私はまだデビュー前でしたが、彼らのあの振る舞いだけは許せない、子供の無知な行為というだけではなく、根底にはそれを許した親や社会があるわけです。ですから、いつかは書かないといけないテーマだと、ずっと思いつづけていました。あの子供たちを実際に殺そうとは思いませんが、どこかでひとこと言っておかなければ、という思いはありました。デビュー以降も自分の執筆能力がついてきませんでしたが、『今なら』、ということで書いたのがこの作品です」

―『ピース』を書くにあたって苦心した点はありますか?

樋口「作品自体というよりも、私生活の話にトラブルがあって、『もう人生が終わったかな』という感じになったときでした。ちょうど50枚くらい書いたときでしたかね。そんなことがあって、先を書けなくなってしまったんです。
この作品にしても、もう少し明るく、梢路と樺山咲を中心にした軽いタッチのものにしようと思っていたのですが、そのトラブルの影響で、とてもじゃないけどそんな軽い小説は書いていられなない、と思うようになり、急遽廃村に自分が住んでいた時代の“ずっと頭にひっかかっていたテーマ”に変更したわけです。ですから最初の予定とはだいぶ違う雰囲気の小説になりました」

―そのトラブルの方も気になりますが…、今はそのトラブルというのは…?

樋口「もうぜんぶ片付きました。それで今は家などをすべてひき払って、沖縄へ移住しています」

第二回「どうにもならない人生を、愚痴を言わずに淡々と生きる。他に人間の生き方はないだろう」に続く


【関連記事】 元記事はこちら
「結婚できない男」の特徴
「ゆとり世代」の就活で必要なモノ
「言い訳をしない人」が成功する理由
原発作業員たちの内部告発を公開