「歴代受賞作の中でも三本の指に入る逸品!」綾辻行人
 「誤りなく組み上げられた建築である。感心した。」北村薫
 「間違いなく、わたしが読んだ中で最高の傑作である。」馳星周


 このように審査員から大絶賛されたのは、第31回横溝正史ミステリー大賞に輝いた、長沢樹氏の『消失グラデーション』。同作品は、「私立藤野学院」「バスケ部」「放送部」「消える少女」「相棒」......といったキーワードとともに進行する、学園が舞台となった本格ミステリーです。

 ──女子バスケ部員でありモデルでもある学園のアイドル・網川緑が校舎の屋上から転落する場面を、主人公の男子バスケ部員・椎名康が偶然目撃。康は、血を流し地面に横たわる緑を助けようとするが、突然何者かに襲われて気を失ってしまう。康が目を覚ますと緑の姿はどこにもなかった。それどころか、その日以来、緑はいなくなってしまった......。

 防犯カメラが設置された学校空間で起こった、目撃者不在の少女消失事件。複雑に絡み合う謎と真相に、多感な若き探偵たちが挑みます。

 「少女がナゼ消えたのかという部分を特に力を入れて描いた」という長沢氏。その謎が解かれる際のロジックの展開も、目を見はるものがあります。現代型本格ミステリーの書き手として期待されている長沢氏の作品に、あなたも挑戦してみませんか?




『綾辻行人氏ら審査員が大絶賛、本格ミステリー『消失グラデーション』に挑戦』
 著者:
 出版社:角川書店
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『アノヒトの読書遍歴 今野敏博さん(後編)』(2011年10月14日13:00)
『スティーブ・ジョブズが世界中の旅人に遺したものとは?』(2011年10月14日09:00)
『アノヒトの読書遍歴 今野敏博さん(前編)』(2011年10月13日13:00)


■配信元
WEB本の雑誌