araisara、2012 春夏の最新コレクション

写真拡大

 「araisara(アライサラ)」が「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京)」5日目の10月20日、2012年春夏コレクションを発表した。

 伝統文化とファッションの繋がりを表現するデザイナー荒井沙羅が、「暗い世の中で前向きに生きる」という思いを込めたコレクションテーマは「昇-SHO-」。昼も夜も、自然界に必ず存在している太陽の光を象徴として「服の本質とは何か」を追求し、色彩やデザインに投影したという。オリジナル素材「時織」をはじめ、日本古来の「宮染め」や「墨流し染め」、そして新たに「一珍染め」と「板締め絞り」の技法に挑戦。袖を通した時の感覚や見えない部分の美しさにも焦点を当て、モダンに仕上げた。


araisaraのコレクション画像を見る