CHRISTIAN DADA、2012 春夏の最新コレクション

写真拡大

 「CHRISTIAN DADA(クリスチャン ダダ)」が、ベルサール渋谷を会場に2012年春夏コレクションを発表した。今シーズンのテーマは、"SIGNAL / NOIZE"。2011-12年秋冬コレクションに続く2度目のランウェイショーでウィメンズウェアを提案した。

 アーティストグループ ダムタイプの作品「S/N」から影響を受けたというコレクションを展開。SIGNALを布(=服)、NOIZEをミクストメディア(=様々な手段・媒体など)として「死」のアイコンと捉えた「骨」で可視化表現した。デザイナーの森川氏は「もしかするとこのコレクションをファッションとして理解できない人も中にはいるかもしれませんがその言葉のような想いを、言葉上の表現とは違う形で『トゲ』や『感情』としてこの作品に込めています」と来場者に配布した紙に綴っており、「本当の意味でのコミュニケーションとしてのファッション」を独自の世界観で表現したという。


CHRISTIAN DADAのコレクション画像を見る