ピンクとグレーの2色展開

写真拡大

読売新聞東京本社の女性向けサイト「大手小町」は、絹素材「きびそ」を使ったオリジナルバッグ「kibisioバッグ(小町)」を鶴岡シルク(山形・鶴岡市)と共同で開発し、2011年10月19日から発売している。

従来は捨てられていた「高級天然素材」

「きびそ」とは、蚕が最初に吐き出す糸のことを指し、硬くて太さが不ぞろいのため加工が難しく、従来は捨てるか成分を抽出して化粧品に使う程度だった。

「高級な天然素材なのにもったいない」としてこれに注目したのが、鶴岡織物工業協同組合(鶴岡市)のメンバーが2010年に設立した鶴岡シルク。製品化を通じてシルク産業復興を目指している。

デザインは「ミントデザインズ」

オリジナルバッグの開発にあたり、大手小町サイト内の掲示板「発言小町」で、ユーザーからリクエストを募集。集まったアイデアを人気ブランド「ミントデザインズ」がデザインに反映させた。

A4サイズの雑誌やノートPCが入る「バッグ大」(1万3650円)をはじめ、「バッグ小」(9240円)や「ポーチ」(4410円)各2色を、読売グループの通販サイト「大手町モール」で販売している。