「喜多俊之デザイン Timeless Future展」(2011年10月27日〜11月13日)

写真拡大

東京・新宿のリビングデザインセンターOZONEでは、秋に向けてデザイン・インテリアに関するイベントを相次いで開催する。

名デザイナー・喜多俊之さん20年ぶり展覧会

2011年10月27日からは、日本を代表するプロダクトデザイナー・喜多俊之さんの展覧会「喜多俊之デザイン Timeless Future展」がスタートする。1960年代以来イタリア・日本でデザイン活動を続け、各国で高い評価を受けてきた喜多さんだが国内での大規模な展覧会はおよそ20年ぶり。家具や日用品、照明器具など、喜多さんの手がけた数々の作品を展示し、長く愛され続ける「タイムレス」なデザインの力を紹介する。

喜多さんの展覧会開催を記念して、10月28日には記念セミナー「日本のデザインを考える」、29日には会場トーク「暮らしを楽しくするデザインの力」がそれぞれ催される。講師はいずれも喜多さんで、現在OZONEのウェブサイトから申し込みを受け付けている。

イタリアで話題の最新家具が上陸

またやはり10月27日からは、イタリアのデザイナーズ家具ブランド「MAGIS」の新作コレクション「MAGIS NEW COLLECTION 2011 "HELLO! COMMUNICATIONS"」の展示が始まる。

4月に開催された国際家具見本市「ミラノ・サローネ」でも、その新作のボリュームや有名デザイナーとのコラボレーションが話題を呼んだMAGIS。この展覧会では、サローネで注目を浴びた新作などが登場し、世界の最新デザインを伝える。

いずれも入場無料。「Timeless Future展」は11月13日まで、「MAGIS NEW COLLECTION 2011」は15日までの開催となる。そのほか、OZONE館内のショールームやショップでも、この秋の最新デザインから暮らしの提案まで、幅広いデザイン、インテリアを紹介している。詳細はOZONEホームページで。