「池袋ウエストゲートパーク」での、第36回オール讀物推理小説新人賞受賞を皮切りに、『4TEEN』で第129回直木賞受賞、『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞受賞と、様々な賞を獲得した石田衣良氏。最近では、作家業だけではなく、クイズプレゼンバラエティー『Qさま!!』に出演するなど、多方面で活躍しています。

 また、escala caféが、22〜34歳の働く女性会員に、「一番、人生相談をしてみたい作家」は誰かとアンケートを実施したところ、東野圭吾氏・江國香織氏をおさえて、第1位に選ばれたのが石田氏でした(有効回答数316件・2011年6月にWebアンケート)。若者の気持ちを汲み取る作品や、時事・社会問題をテーマにした作品が多く、時代にマッチしたアドバイスをくれるというイメージがあるのでしょう。

 そんな石田氏の最新作『カンタ』は、発達障害をかかえるカンタを丁寧に描いており、現代版『走れメロス』ともいえる作品です。幼馴染で家族・兄弟のように育ったカンタと耀司は親友同士。お互い母子家庭に育ちで、固い絆で結ばれた2人は、無料ゲーム運営会社「ロケットパーク」を立ち上げました。まるでロケットのように同社は急成長していきますが、思わぬ罠にはまってしまい、命を狙われるようになってしまいます。「いまこそ亡き母との約束を守るとき」と、耀司を守るため、カンタはある決意のもと沖縄に向かうのでした。

 今回、石田氏が描くのは、男同士の"友情"。友のために一生懸命になるカンタの姿に、石田氏が込めた思いとは。ぜひ手に取って確認していただきたい一冊です。



『発達障害をかかえるカンタが"親友のため"に生きる、現代版『走れメロス』』
 著者:
 出版社:文藝春秋
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『スティーブ・ジョブズが世界中の旅人に遺したものとは?』(2011年10月14日09:00)
『アノヒトの読書遍歴 今野敏博さん(前編)』(2011年10月13日13:00)
『バトン部の顧問は、グリコ・森永事件の「キツネ目の男」?』(2011年10月13日09:00)


■配信元
WEB本の雑誌