子どもの走りに追求した″瞬足″ が販売累計3,000万足を達成 謝恩モデルも

写真拡大

 アキレス株式会社が発売するジュニア用スポーツシューズのトップブランド「瞬足」が、2011年7月末時点で販売累計3,000万足を達成した。「瞬足」は子ども達の「速く走りたい」という思いに応えるシューズとして2003年より発売を開始。2011年10月下旬からは3,000万足を達成を記念し、謝恩モデルが発売される。

"瞬足"販売累計3,000万足の画像をもっと見る

 「瞬足」は「運動会で速く走りたい」や「コーナーで転びたくない」などの子どもたちの要望に応えるシューズとして、「速い子はより速く、走るのが苦手な子には夢を」をテーマに、アキレス株式会社が開発。2003年5月より発売を開始した。開発担当者は小学校のトラックが「左回り」である事に着目。スピードを落とす原因とも言えるコーナーでおこる、様々なトラブルを解消するため、曲がる際の内側にあたる部分「左足の外側」と「右足の内側」の部分に左右非対称のスパイクを配置し、コーナーリングで威力を発揮できる「瞬足」が誕生した。この"左右非対称のソール形状"というわかりやすいコンセプトが、運動会シーズンを中心に子どもたちのクチコミで評判が広まり、短期間のうちにジュニア用スポーツシューズ市場におけるトップシェアを獲得。その後は女児用「瞬足レモンパイ」の発売やキッズでの展開、さらにはタイプ別のデザインやカラーバリエーション、サイズレンジの多様化など数々の商品企画戦略が功を奏し、近年では年間600万足超の販売足数を記録するまでに成長した。

 3,000万足を達成を記念した謝恩モデルは、男児用「瞬足」と女児用「瞬足レモンパイ」の2ライン展開で、甲部分に記念となる「30,000,000」の数字のプリントを施している。男児用の「瞬足」では、スパイクの数が圧倒的に多くスタートにも強い「スタンディンググリッド」をベースに、グラデーションカラーが特徴のイエローグリーン、赤、ブルーの3色を展開。また女児用の「瞬足レモンパイ」では、ラバーの面積を拡げ、アウトソールの耐久性と耐摩耗性の向上を図った「This is 瞬足」をベースに濃いピンクが効き色の黒とスポーティーなサックスの2色を用意した。価格は共に3,150円(税込)で、10月下旬より順次全国の靴専門店および有名ECサイト、アキレスショップなどで販売する予定。