18日(火・現地時間)、31日(土・同)にラスベガスのマンダレイベイ・イベントセンターで開催されるUFC137のメインイベントが、BJ・ペン×ニック・ディアズのウェルター級3回戦に変更されることが正式発表された。

この日、UFCのダナ・ホワイト社長のツイッターで、GSPがヒザの負傷により欠場する旨が呟かれたことを受け、UFC137の公式カードより、ジョルジュ・サンピエール(GSP)×カーロス・コンディットのUFC世界ウェルター級選手権試合が消え、BJ・ペン×ニック・ディアズがヘッドライナーに繰り上がった。

また、現時点ではPPVカードに追加、もしくは繰り上がり追加の情報はなく4試合のみがPPVラインナップとして組まれている。なお、GSPの負傷及び負傷した状況についての詳細は発表されていない。
対戦カード&詳細はコチラ]