50人以上のウエストがその場でくびれた? カリスマトレーナー直伝“ドSストレッチ”

写真拡大 (全3枚)

 わずか1時間30分の間に、イベントに集まった58人の女性の全員のウエストが一気にくびれてしまった。しかもそのウエストのマイナス合計値はなんと289.4センチ。一人平均約5センチ。
 そんな魔法のようなストレッチを施術するのが、人気テレビ番組「スター★ドラフト会議」や「ソロモン流」で話題となっているカリスマトレーナー、兼子ただしさんだ。

 10月としては記録的な暑さとなった16日、渋谷・MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店(東急百貨店本店)屋上特設会場にて、イベント「美姿力UP!世界初!?50名一気に全員くびれさせます!」が開催された。
 このイベントは10月3日に主婦の友社から出版された、オリジナルギプス付きムック『美姿力養成ギプスつき! 兼子ただしドSストレッチ体験版』の発売を記念したもので、会場に集まった58人の女性全員のウエストを一気にくびれさせることに成功したのだ。

 トレーナーでもありながら、プロのキックボクサーでもある兼子さん。そのストレッチは“ドSストレッチ”として人気を博しており、女優やタレント、スポーツ界にも信奉者が多いという。
 さて、どうして人間は寸胴体型になってしまうのか。
 兼子さんは「姿勢」にその原因があるという。
 姿勢が悪い現代人の背骨はかなり歪んでいるそうで、例えば現在、逆上がりが出来ない小学生は半数ほどいるのだが、逆上がりができない子どもに共通しているのが「背骨がS字を描いていない」ことであり、これは姿勢の悪さに起因するものだという。
 「僕の目的は“美姿力”。これを義務教育科目に取り入れるために頑張っています。姿勢が良ければ体型もよくなるし、健康的であるということです」と兼子さんは呼びかける。

 今回のイベントでは、まず客席の中から1人壇上にあがり、実際に兼子さんのドSストレッチを経験してもらった。
 兼子さん曰く、身体はお腹から硬くなるそうで、ろっ骨のいちばん下とおなかの境目にある横隔膜を軟らかくすることが大事だという。そして直々のドSストレッチでは女性が「ギブ!ギブ!」と悲痛な声をあげたが、結果、なんとウエストが9.5センチ減。この数字に客席からは驚きの声があがった。

 さらに2人1組になって、「くびれを作るストレッチ」に挑戦。その手順は以下の通り。

1)支点となる股関節の付け根に手をあてる
2)へそを高い位置に持っていくようにしながら、胸を前に出し、上半身を前に45度倒す
3)ひざを曲げてお尻を突き出す。背中全体に大きなアーチを描くようにする
4)背中をほぐすために、波打つように上半身を動かして背中に深いアーチを作る
5)顔をすくい上げながら上半身を起こした後、お尻の穴を下に向ける
6)立体的なくびれができる


 このストレッチだけでウエストにくびれを作ることができるのだ。上手にできない人には、兼子さん直々にドS指導が入り、なんと全員のウエストをくびれさせることに成功。さらには『美姿力養成ギプスつき! 兼子ただしドSストレッチ体験版』に付いているギプスを試着するなど、美姿力アップに励んだ。


 結果、今回のイベントに集まった58人全員で平均およそ5センチマイナスとなった。中には10センチ以上マイナスとなったという人もおり、兼子さんは「くびれやすい体質の方もいらっしゃいます」と話していた。

 イベント後、兼子さんは「暑い中、たくさんの方に来て頂いて嬉しかったですね。このムックは、スタイルが良くなりたい女性に手にとってもらいたいです。そして、ファッションの基本は姿勢であるということを意識して欲しいと思います。」とコメント。
 姿勢を正すだけでウエストがくびれ、健康的になれる。特にデスクワークが多く、猫背になりがちな人は、美姿力養成ギプスに注目してみてはどうだろうか。
(新刊JP編集部/金井元貴)



【関連記事】 元記事はこちら
痩せやすい身体になる呼吸法とは
成功者たちが行っている運気を呼び込む正しい姿勢
うつの原因にもなっていた! 職場ですぐ出来る「首コリ」対策
自宅でできる簡単ボイトレ