サムスンが日豪でも『iPhone4S』販売差し止め申請 日本では『iPhone4』『iPad2』も追加で訴訟!

写真拡大

聯合ニュースなど韓国のメディア各社によると、サムスン電子は17日、日本とオーストラリアの裁判所に、米アップルの新機種スマートフォン(多機能携帯電話)『iPhone4S』の販売差し止めを求める仮処分を申請したと報じた。

これに先がけ、サムスンの李在鎔(イ・ジェヨン)社長は、16日に米国で行われたアップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏の追悼式に招請され出席。韓国では、李社長の追悼式出席が訴訟合戦の転機となり、両社の攻防も落ち着くのではないかとの見方が広まっていたが、期待されていた和解ムードは無惨にも1日で散った。

また、日本では『iPhone4S』に対する販売禁止申請だけでなく、『iPhone4』『iPad2』に対しても提訴した。

提訴内容は、オーストラリアの場合WCDMAとHSPAなど通信標準関連特許の3件。日本ではHSPA標準特許1件と、携帯電話UI関連使用特許3件となっている。サムスンの関係者は、「アップルの製品がサムスンが保有する特許を侵害しているため、販売を許可してはならない」と話したという。

サムスンは今月13日、オーストラリアの連邦裁判所から、自社の多機能端末『GALAXY Tab10.1』を販売差し止めの仮処分を下されている。韓国メディアの報道によると、これについてもサムスンは控訴。「携帯電話など確信事業が保有する特許財産に対するアップルの無賃乗車をこれ以上見過ごす訳にはいかない」としているという。

サムスンがアップルとの訴訟合戦で4連敗! 韓国内からは「これ以上の負けは致命的」との声

※画像:BLOTER.NETより引用

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。