ランゴ

写真拡大

ジョニー・デップさんが声の出演しているCGアニメーション映画「ランゴ」が22日に公開される。


「ランゴ」は、ジョニー・デップさんが「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの監督ゴア・ヴァービンスキーさんと再タッグを組んだCGアニメーション映画。


ジョニー・デップさんをはじめとする俳優たちは、声だけでなく演技も撮影され、それを参考にしてアニメ作りに取り込む事により、よりリアルな動きが生み出されている。カメレオン俳優と呼ばれているデップさんにカメレオンを演じさせ、自分探しをさせるというストーリーも洒落がきいている。


本作にはさまざまな映画のエッセンスが盛り込まれているので、映画ファンには元ネタ探しも楽しいが、中心となるのはマカロニ・ウエスタン。ウエスタンには欠かせない“あの人”をモデルにした“西部の精霊”も登場するので必見。


上映時間は97分、配給はパラマウント ピクチャーズ ジャパン。


詳細はオフィシャルサイト(http://www.rango.jp/)で確認できる。