今年も10月19日・20日に開催!べったら市!

写真拡大

隠れた東京の名物・べったら漬けはご存知だろうか。

店先に並ぶ大量のべったら漬け

べったら漬けは第十五代将軍徳川慶喜公も好んで食べたと言われている、江戸時代から続く伝統ある漬物。また昭和天皇や、戦前・戦後の新派を代表する女形役者花柳章太郎もべったら漬けが好物だったと言われている。

そもそもべったら漬けとは、皮を厚めに剥き下漬けで塩押しした大根を、砂糖・米・米麹で漬けた漬物のこと。 ポリポリした歯ざわりで、甘く淡白な味が特徴的だ。アメと麹で大根を漬け込んでいるため、表面についた甘酒の麹がべとべとしていて、衣服にべったりとついてしまうことからべったら漬けという名になったと言われている。

このべったら市、東京都中央区日本橋、宝田恵比寿神社周辺で、数多くのべったら漬けの露店が軒を連ねる祭。べったら市の歴史は古く、江戸中期ごろから宝田恵比寿神社の門前で10月20日の恵比寿講(商家で恵比須を祀り、親類・知人を招いて祝う行事)にお供えするため、前日の19日に神社周辺に市が立ち、魚や野菜、神棚などが売られるようになったのがその起源。なかでも浅漬け大根のべったら漬けがよく売れたことから『べったら市』と呼ばれるようになったという。

今では東京にいたか屋などの露店(約500軒)が軒を連ね、多くの人が集まる日本橋の秋の風物詩だ。東京にいたか屋の「東京べったら漬」は、東京都中央区観光協会推奨名産品となっている。

昨年は人形町今半や魚久などの老舗の露店が出たり、宝田恵比寿神社周辺の商店は割引セールを実施し衣服や雑貨もいつもより安く販売などお買い得なお祭だったとか。

今年も10月19日、20日に『べったら市』が開催され、19日には御輿も出て粋な江戸の祭を盛り上げる。永きに渡って愛されている江戸の味に舌鼓を打ちながら、活気ある江戸の祭を楽しんではいかが?【東京ウォーカー】

【関連記事】
いまや秋の風物詩!? 日本橋で「べったら市」が開催! (東京ウォーカー)