G′zOne Tough Battleで世界のタフガイと渡り合ってきた〜オキロヴィッチの体験〜

写真拡大

「G'zOne Tough Battle」とは?
現在発売中のAndroidTM 2.3 搭載の耐衝撃・防水・防塵スマートフォン『G'zOne(ジーズワン) IS11CA』と、北米で発売されている『G'zOne COMMANDO』の日米ファン向けスペシャルサイト「gzone.jp」サイト内で新コンテンツとして公開されているゲームだ。

「G'zOne Tough Battle」は、世界中のG'zOne ファンの中から一番のタフガイを決めるソーシャルバトルコンテンツ…。

「タフガイ」!!…この響きを聞いて黙っておれる男子はいるだろうか。というわけで早速most tough guy of the dead …もとい of the worldを目指すべくプレイしてみた。尚、今回の世界進出を機に、オキロビッチ改めオキロヴィッチとする。カッコいいから、なんとなく。


(画像:「近未来」なゲームの世界観)

各員一層奮励努力セヨ!!
まずは専用サイトにてログインだ。Facebook、twitter、mixi のいずれかのアカウントでログインOKだ。


今回は、オキロヴィッチのtwitterアカウントで参加だ。

自分専用のタフバトラーと呼ばれるロボットを作り対戦していく。対戦相手は世界中のG'zOne ファン。これぞまさに「全世界の頂点を決める3大ソーシャルバトル」だ。


(画像:愛機を選んで、いざ出陣!!)

参戦すると世界中のG'zOne ファンから対戦が申し込まれたり、自分から申し込むこともできる。

「(敵、機動部隊発見〜!!)いよいよ敵さんのお出ましだ!!」

戦い方はいたってシンプルだ。弾を打って、相手に当てるのだ。逆にシンプルであればこそ、ビリヤードの様に反射角など跳ね返りの計算もして攻撃出来たりと、なかなか面白い。いかに守って攻撃のチャンスを待つかが勝負の分かれ目になりそうだ。


(画像:跳ね返りや、飛距離も計算に入れよう。立ち位置も重要だ。)

また、タフバトルを優位に進めるために数十種類のアイテムカード(球の飛距離が伸びる攻撃系アイテム、防御する範囲が180°に広がる「ダブルバンパー」など)もある。

このアイテム、友人を誘ったり、G'zOne へのコメントを投稿したりすることでもらえるコインでさらにゲットすることができる。

「11時方向に敵機発見。これを撃滅せり!!」

今回は「攻撃は最大の防御なり」を合言葉に果敢に敵前までせまりこれを粉砕したのであーる。


(画像:「オキロヴィッチ中尉、無事帰還致しました!!」)

さらに、1戦終わった際に表示されるタフな戦績コメントはfacebook やtwitter に投稿することもできる。

タフでナイス?エピソードも公開中
こちらも注目。世界中のG'zOne ファンからメッセージを募集する「G'zOne Global Fan Wall」の4つ目のテーマ「G'zOne に負けないタフなエピソードを募集!」が公開されている。



また、北米を代表するG'zOne ユーザーが魅力を紹介する「AMBASSADOR’S COLUMN」に、プロサーファーのScottyStopnik とクリエイターのHISHAM AKIRA BHAROOCHA に続いて、新たに映像ディレクターのJOSH FORBES のコラムも公開されているそうなので、こちらも要チェックだ。

その昔学生時代に、友人と(友人はお金持ちでただの付き合いをさせられた)36時間連続労働(仕事自体は別だよ)したのも、タフエピソードとして通用するだろうか…。

【記事:オキロヴィッチ】

▼外部リンク

「G'zOne Tough Battle」
「G'zOne Tough Battle」Facebookページ
オキロヴィッチのtwitter

■関連記事
モンゴル核燃料廃棄施設建設は断念、当然の反応か〜G・Joe?はかく語りき〜
【アニメ】「ペルソナ4」第2話は「第2の犠牲者」(ネタばれ注意)
「ファイナルファンタジー14」大失敗の果て、再起なるか〜G・Joe?はかく語りき〜
あの日本ならこれも有り得る!?トイレバイクに海外驚嘆〜G・Joe?はかく語りき〜
【アニメ】「境界線上のホライゾン」第3話は「まるでゴルゴ13」(ネタばれ注意)