大手企業の今冬のボーナスが2年連続で増加となる見通しであることが、日本経団連が大手上場企業を対象にした冬季賞与・一時金の妥結状況の調査で分かった。

 調査によると、全業種平均の妥結額は前年比4.77%の増の81万480円で2年連続の増加。

 業種別に見ると、産業別では、車両(同5.10%減)、紙・パルプ(同4.86%減)を除く全てで増加となり、機械金属(同19.47%増)、電機(同16.88%増)では大幅な増額となっている。

 調査の対象は、東証一部上場、従業員500人以上の主要21業種248社。17業種118社で妥結しているが、うち31社は平均額不明などのため集計から除外されている。

製造業の雇用に過剰感、技術者・スペシャリストは不足
新成長を目指す人材戦略〜変質する人材採用のルール
人材採用の専門誌が評価する「人材コンサルティング会社」

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。