「二ノ国」登場のカレーを再現、ハウス食品が「砂漠のオアシスカレー」。

写真拡大

ハウス食品は、レベルファイブが11月に発売するプレイステーション3向けソフト「二ノ国 白き聖灰の女王」とタイアップしたレトルトカレー「二ノ国 砂漠のオアシスカレー」を数量限定発売する。発売日は11月14日で、価格は298円(税込み)。

「二ノ国」は企画・制作をレベルファイブ、アニメーション作画をスタジオジブリ、音楽を久石譲が手がけるファンタジーRPG。2010年12月に、シリーズ第1弾となる「二ノ国 漆黒の魔導士」がニンテンドーDSで発売され、書籍とゲームソフトの連動という新たな試みが話題を呼んだ作品だ。新作の「二ノ国 白き聖灰の女王」は、プレステ3ならではの美しいグラフィックで表現された、アニメの中を冒険しているかのような色鮮やかな世界が注目を集めている。

そんな同作の中で、食材の「やわらかビーフ」「つややかごはん」「伝説のスパイス」を組み合わせると出現するスペシャルアイテム「砂漠のオアシスカレー」をイメージしたのが今回のレトルトカレーだ。ゲーム内ではカレーを食べるイベントシーンも用意され、主人公・オリバーたちの反応を楽しむことができる。

数量限定での発売なので、欲しい人はお早めに。


☆「二ノ国 白き聖灰の女王」ストーリー

ある事故で最愛の母を亡くしてしまった少年オリバーの前に現れた、ナミダの妖精シズク。二ノ国を脅かす存在「ジャボー」を倒せば、母を救えるかもしれないという話しを聞いたオリバーは、二ノ国に旅立つことを決意した。
オリバーを常に監視する灰の女王レイナス、行く先々に現れる謎の少女。2人の正体とは?そして、オリバーを待ち受ける強大な存在、明らかになる物語の真の結末とは…?