天職を探すためにコロコロと仕事を変える…
変える、という所作自体が好ましくないとは思いませんが、今自分が従事している仕事に対し、ある程度「やりきった」感を持ってからではないと、一生、天職は見つかりません。




仕事に従事している最中には、何らかの形で対価を得ます。
対価は、その人への要望が金銭となって表れた形ですから、要望に応える責任も発生します。
その要望にとことん応えようとしないような、責任感のない姿勢では、天職の道がますます遠ざかります。


「責任」


英語で言うところの responsibility を、哲学者の鷲田清一氏は、2009年3月12日のニュースサイト「あらたにす」で、こう語っています。
出典:『明日のコミュニケーション』(佐藤尚之/アスキー新書)
アマゾンはこちら


==(以下、引用)==

「責任」という言葉、英語ではリスポンシビリティ(responsibility)である。日本語の「責任」という言葉からは感じられない独特の含意がある。リスポンシビリティとは、直訳すれば、リスポンドできるということ、つまり、他者からの求め、訴えに応じる用意があるということである。

==(引用終了)==


天職を探す、という言葉で表された行動をイメージすると、どうも主体は「自分」にあるような気がしますが…
そもそも仕事は、他者からの求めに応じられないと存在し得ませんから、まさに「リスポンシビリティ」が必要なんですよね。
このことを考えず、自分の主観や好き嫌い、「その時点の自分」でできる・できないだけを主眼に置いて天職探しをしても、見つかりっこありません。
それこそリスポンシビリティの欠如…責任感のない行動ですから。


鷲田氏はこう続けています。


==(以下、引用)==


続きはこちら