「ベッドから『よいしょ』って起きられなくなった」仕事でうつを患った経験を聞いた

写真拡大

Dさん(30代・女性)は、都内の某金融機関で働いている。仕事の忙しさからうつを患い、1年間の休職を経験した。現在は復職しているが、「いまだに、立った状態では電車に乗られないですね」と話す。うつは、誰にでも起こり得る疾患である。しかし一方で、職場での偏見や風当たりも強い。Dさんの場合はどうだったのか、話を聞いた。

――当時の様子を教えてください。

「徐々に、会社に行けなくなったんですよ。それまでは、夜中の3時ぐらいに家に帰っても、上司の相手で飲みに行っても、ちゃんと朝起きて、会社に行けてた。それが、目は覚めるんだけどエンジンかからない。電車に乗る段階で動けなくなる人とか、色々なパターンがあるらしいんですけど、わたしの場合は、ベッドから『よいしょ』って起きるところが駄目だった。家から出なきゃいけない時間なのに、何もしてない……。
ある日、会社に連絡することもできなくなった。始業時間を過ぎて、職場から電話がかかってくるんだけど、欠勤の連絡が出来ない申し訳なさで、出られないんです。結局、上司から『君と連絡取れなくて、行方不明だって騒ぎになってる。連絡しなさい』ってメールがきて、その段階で、お休みを取ることになった。結局実家に帰って、3ヶ月ぐらいは寝たきりでしたね。うつって、本当に寝たきりになるんですよ」

――どのような治療を受けたんでしょうか?

「基本的には投薬と、休養です。寝たきりを脱出して、しばらくしてだいぶ動けるようになった。気力が戻ってきて、会社に戻りたくなったけど、それだけだと『復職していいよ』とはならないんですよ。医師と会社のすすめもあって、復職のためのトレーニング(著者注:いわゆるリワークと呼ばれる)を、専門の施設で受けました。半年ぐらいやりましたね。
トレーニングは、まず服を着るところから。Tシャツとかじゃなく、仕事で着るような服ですね。平日の朝9時半ぐらいに、病院の施設に行って、同じような境遇の、スーツを着た人たちとラジオ体操をして、作業をはじめます。作業っていうのは、グループワーク。あんまり負担が大きいことをやってくと、脱落する人が出るので、籠を編んだりとか、ドリルやったりとか、ペーパークラフトをやったりとかですね。夕方の、3時半には終わります。こんな風に、最初は週3日から初めて、最終的には週5日ぐらい行ってました。結局、振り返ったら休職期間の大半を復職のトレーニングに費やしてましたね。
ちなみに、治療費を自分で払うと、3割負担で1日2千5百円ぐらいかかっちゃう。だから病院のすすめで、手帳を取るんですよ(著者注:自立支援医療の受給資格。詳しくは厚生労働省等のHPをご確認ください)。手帳を取ると、行政が一部負担してくれるから、1割負担でだいたい800円ぐらい。(著者→でも、1ヶ月20日行くとすると、1万16000円ぐらいになりますよね?)そう、それにプラスして、交通費がかかる。結構、キツかったです」

――『ツレがうつになりまして。』(細川貂々・幻冬舎)が話題になっていますよね。

「あの人の漫画は、まさに読んでました。病院とかに置いてあるので。うつの患者にとって、病状を客観的に見たものとしては、リアルだと思います。
例えば……うつになった旦那さんが、症状がすごく深刻になる前に、お気に入りの歌手のコンサートに何回も何回も行くシーンがあるんですけど(著者注:『イグアナの嫁』細川貂々・幻冬舎)、病状が進行してくると、自分が前に進めないってことが、なんとなく分かってくるんですよ。それを何とかしようって、あがくために、何かの力を借りようとする時期がある。それが彼の場合は、コンサートだったんだと思う。わたしは色んな趣味とかにハマったり、いっぱい友達に会いに行ったりとか。プライベートを無理やり充実させて、ストレスを発散出来ればうまく行くのかと思うんですが、その状態が立ち行かなくなると、倒れちゃう……。他にもうつの治っていく過程なんかはリアルで、私はすごい共感しました」

その後、Dさんは無事職場に復職した。しかし…

「体調が戻らなくて、たびたび休まざるを得なかったりということが続いてました。どんな仕事でもいいから、何か仕事を振って欲しいんだけど、復職して初めて分かったけど、病後で注意力などが凄く落ちていて、ちゃんと教えてもらわないとできない。何が駄目なのか分からないまま、『もう、やらなくていいよ』って言われて、仕事が回ってこなくなる。自分では、言われてる通り、やってるつもりなんですけどね……。
『病気なのに引きとってもらってる』って負い目もあって、なかなか意見も言えないから、結果的に仕事が雑用ばっかりになっちゃったんですよ。その雑用もコンスタントにあるわけじゃないし、結局、すごく暇だった。上司も忙しいから放ったらかしですしね。それがずっと続いて、将来どうなっちゃうんだろうって不安もあった」

そんな中、Dさんはリストラという形で、関連会社に異動させられてしまう。現在はその研修施設でOJTを受ける日々だそうだ。

「ある日上司に呼び出されて、『他所にいったほうが、君のためになるんだよ』って言われました。いわゆる、リストラですよね。
今は本社を離れて、研修施設のある支社で、OJTを受けてます。周りの人たちは『可哀想に、左遷されちゃったな』って見てるかもしれないけど、実際に配属されてみると、全然そんなことなかった。むしろ今は、することあるから嬉しいんです。それに、前の職場だと、同僚に挨拶さえできなかった。自分がつまはじきものみたいになって、誰も話しかけてくれなくなって、一人ぼっちだった。今は、同じようにOJTを受けてる人たちと和気あいあいとしてるので、精神的に楽なんです」

結果的に、リストラ候補になったことが、精神的に良い方に働いたのだ。Dさんは、今は前向きに会社に行けており、出社できない日も減ったという。「この先、もうちょっとストレスが大きい仕事になると、わからないかな、と思いますけどね」と言う彼女。人にとって、働くって何だろう。皆さんはどうですか?

※この記事はガジェ通ウェブライターの「増田不三雄」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
サラリーマンとして働きながら、職場のトレンドや問題を追いかけています。