曲に歌詞をあてはめる“はめソン”で就活応援ソングが作れる『みんなでつくる就活応援ソング2013 produced by リクナビ』

写真拡大




リクルートは、2013年卒業予定の学生の就職活動を応援する“就活応援ソング2013”をユーザー参加で作るプロジェクトサイト『みんなでつくる就活応援ソング2013 produced by リクナビ』を公開しました。プロジェクトでは『USTREAM』でユーザーから募集した歌詞をシンガーソングライターの尾飛良幸氏がリアルタイムで曲にしていく“はめソン”のイベントを予定していますが、サイトではこれを事前に体験して『Twitter』『Facebook』で友だちと共有することができます。

rikunabi
サイトでは「じぶんも応援ソングをつくる」のボタンをクリックすると、あらかじめ用意された曲に歌詞を乗せていくことができます。Aメロ1、Aメロ2、Bメロ1、Bメロ2、サビ1〜4と、結構な分量の歌詞を入力していく必要がありますが、「Play」ボタンでメロディを確認しながら思いのほかカンタンに歌詞が作っていけます。ほかのユーザーが作った歌も見られるので、参考にするとよいかもしれません。

ちなみに、筆者が作詞した歌はこんな感じ。
http://shukatsu-song.com/listen?id=NQJPCg8u

……手抜きって言わないで! ちゃんと最後に応援してますから!

ユーザーがサイトで作った歌詞は“3番以降”という位置づけらしく、1番と2番は『USTREAM』上で開催される“はめソン”で制作されます。10月26日(水)に1番、11月9日(水)に2番の制作を予定していますが、放送時間などの詳細は『リクナビ』内で後日発表されます。“はめソン”は、『ニコニコ生放送』で尾飛氏と映画監督の梶野竜太郎氏が考案した楽曲制作の手法。尾飛氏がその場で作曲した楽曲を「ラララ」で歌い、ユーザーがそこに当てはめる歌詞をコメントで投稿して楽曲を完成させます。既に10曲近い楽曲がこの番組から生まれているそうです。

就活経験のある社会人の皆さん、自分の経験や思い出を歌詞に乗せて学生たちに届けてみませんか? まずは気軽にサイトで作詞体験をしてみて、本気になったら『USTREAM』で歌詞を投稿してみるとよいのでは。

『みんなでつくる就活応援ソング2013 produced by リクナビ』
http://shukatsu-song.com/