ロングセラー商品には、信頼と実績に裏付けされた魅力があります。本の場合もそれは同じ。時代を映すかがみであるベストセラー本に対して、ロングセラー本は何世代にもわたって語り継がれ、書店の定位置に並べられています。

 615万部の大ロングセラー本があるのを知っていますか? それは松谷みよ子作の『ちいさいモモちゃん』シリーズ。1964年に1作目が誕生してから約30年をかけて完結し、今なおファンの多い児童文学作品です。絵本とキャラクターを扱う雑誌『MOE』の最新号では、同シリーズと作家・松谷みよ子の大特集を組んでいます。

 『ちいさいモモちゃん』シリーズのモデルは、松谷さんの長女と次女。モモちゃんと妹のアカネちゃん、黒ねこのプーたちの日常が描かれた作品です。当時は少数派だったワーキングマザーや、離婚についての記述があるのも松谷さんとその家族がモデルだからです。

 『MOE』では、御年85歳の現役作家である松谷さんの書き下ろし原稿を掲載。同シリーズが生まれたきっかけとなった二人の娘たちの言葉がつづられています。また、東京・大泉にある松谷さんの自宅でインタビューをおこない、さまざまなエピソードを引き出しています。

 たとえば、次女から、うちにパパがいない理由を本に書いてと言われたときを振り返り、「そこんとこは書きたくないんですよ。だけど、そう言われたらしょうがないものね(笑)」と松谷さん。制作秘話を明かしています。

 松谷作品についてコメントを寄せ作家・角田光代さんは、「小学校一年生のときに作家になりたいと思ったのは、『ちいさいモモちゃん』ではじまる一連のシリーズに魅せられたから」と語っています。また離婚や死について描かれている箇所を読んで、「大人になって意味がわかったとき、私はこの本を読んで泣いた」とも。

 今回の特集を記念して、『MOE』ではオリジナルの「ちいさいモモちゃん」トートバッグを製作。読者200名へのプレゼント企画も用意しています(応募者多数の場合は抽選)。

 誰にとっても子どものころがよみがえる、ステキなプレゼントになりそうです。



『"615万部のロングセラー本"を特集の『MOE』最新号が発売中』
 著者:
 出版社:白泉社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『『スタードラフト会議』で人気!! "ドS"トレーナーのストレッチを自宅で体験』(2011年10月5日20:29)
『毎日1500円の本を買う値段=平社員が一つ役職をあげた時の給料の差?』(2011年10月5日11:30)
『ギネス新記録なるか!?  "世界最大のUFOキャッチャー"が六本木に出現!』(2011年10月4日11:30)


■配信元
WEB本の雑誌