8日、中国・吉林省長春市の高校生がバスケットボールの練習試合をしているうちに乱闘騒ぎとなり、それがなんと殺人にまで発展するという痛ましい事件が発生した。写真は被害者の呉くんを含めた家族写真。

写真拡大

2011年10月8日、中国・吉林省長春市の高校生がバスケットボールの練習試合をしているうちに乱闘騒ぎとなり、それがなんと殺人にまで発展するという痛ましい事件が発生した。チャイナフォトプレスの報道。

【その他の写真】

呉天昊(ウー・ティエンハオ)くんはバスケットボールで一芸入試を目指す高校3年生。この日の午後、数人の仲間とコートで練習をしていると他校の数人がこれに加わり、練習試合をすることになった。途中、呉くんのチームメイトが2度にわたって激しい接触に遭い、これを機に両チームで乱闘となった。

そのうち、相手チームの1人が携帯電話で両親を呼び出した。両親は男2人を同伴しており、「話し合いで解決しよう」と持ちかけるのだが、どうも空気が不穏になってきた。実は両親が同伴した男の1人が数十人の“助っ人”を呼び出していたのである。

男が「お前ら残らず片づけてやる。逃げるなよ」と言うと、道路の向こう側に停車したライトバンから20歳代とみられる男数十人が、それぞれ刃渡り30cm程度のナイフを持って飛び出してきた。呉くんの仲間たちはちりぢりに逃げたが、逃げ遅れた呉くんは彼らのめった打ちを喰らう。わずか1分の内に、呉くんの頭部には10数カ所の切り傷が、右腕は大きく切られ、左手首はなんと皮1枚で繋がっているだけの状態に。

ようやく病院へ搬送された呉くんは虫の息。すぐに意識不明に陥り、翌朝亡くなった。凶行に及んだ男らを呼び出した両親らは現在、警察に拘束されている。命は助かったものの、惨劇を目の当たりにした呉くんの同級生も「なぜ助けてあげられなかったんだろう」と、ひどく精神的打撃を受けている。(翻訳・編集/愛玉)