KARAギュリ出演のミュージカルが開幕、チケット完売で大好評! 著作権問題は?

写真拡大

KARAのリーダー、ギュリが出演する韓国ミュージカル『美女はつらいの』が8日、大阪松竹座で開幕した。韓国の所属事務所DSPメディアによると、8日から10日までに行われたギュリ出演の3公演はすべてチケットが完売し、大好評を博しているという。

作品は、美しい声を持つゴーストシンガー、カン・ハンビョルが、全身の整形手術を受けて美人に生まれ変わるというストーリー。劇中、ギュリは特殊メークで体重125キロの丸々とした姿を披露した。客層は若者から中高年まで幅広く、公演後はカーテンコールが鳴り止まなかったという。

同公演は、原作とされる漫画「カンナさん大成功です!」の作者で漫画家の鈴木由美子さんが、「著作権を新がいされた」として上演差し止めを求める仮処分を東京地裁に申請など、著作権をめぐり裁判沙汰にまで発展。一時は上演が危ぶまれたが、10月3日に申し立てが却下されると、予定通りの上演が決まった。

ギリギリまで大きく揉めた同公演だが、日本では11月6日まで上演される。その後はアジア各国でツアー公演する予定だ。

参照:KARAパク・ギュリ、ミュージカル「美女はつらいの」日本公演初週全公演完売 - スポーツワールド
参照:話題の韓国ミュージカル「美女はつらいの」 公式サイト

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。