がぶり寄りの琴奨菊が大関に昇進した。日本人大関の誕生は実に4年ぶりで、横綱へ期待の声も高まっている。剣豪・宮本武蔵の「万理一空」の境地を目指す円熟の青年大関だが、母校・明徳義塾時代には先輩の朝青龍からイジメの洗礼を受け、タジタジだったというのだ─。



実はチキンハートの新大関

「『万理一空』の境地を求め、日々努力精進いたします」

 剣豪・宮本武蔵の「五輪書」から引いた言葉を口上に、琴奨菊(27)が念願の大関に昇進した。 

最近では珍しい、素直で真面目な力士の素顔について、佐渡ヶ嶽部屋関係者が言う。

「琴奨菊はまるで下戸。筆まめで、趣味といえばブログ制作です。昨年相撲界の八百長騒動のさなか、ギャンブルに興じていたとして、謹慎処分になりましたが、やっていたのは花札。犯罪性は限りなく薄い。でも、ヤツは『後援者に面目ないことをした』と言って、謹慎中に後援会関係者約300人に宛てて詫び状を出した。しかも、全員手書きです。普通なら、1通だけ手書きでそのコピーを郵送するところですが、全部直筆でした。いや、もう生真面目なんですよ」

 後援者は琴奨菊からの心の籠もった詫び状を受け取って、あらためてファンになったというが、実は大関獲りを念頭に昨年から始めたのが写経だった。

 スポーツ紙記者が言う。

「ひとりひとりに直筆の詫び状を書いていたら、知らず知らずのうちに心が落ち着いてきたそうです。だったら、写経をやってみるのもいいと、知人から勧められたのがきっかけでした。写経は般若心経を一字一句写していくものですが、ぜひやってみようと江東区にある深川不動尊に足を運び、写経するようになったんです。琴奨菊の謙虚さを表すのが、写経した紙に記す願い事。『大関昇進』と書くのかと思いきや、『感謝の心』と書いたのです」

 明徳義塾の先輩、朝青龍なら「大相撲制覇」とでも書きそうなところだが、まるで地味な人柄なのだ。

 大関昇進を目前にして、もう一つ琴奨菊が行っていたことがある。それはメンタルトレーニングの一つとしての呼吸法である。

「琴奨菊は知る人ぞ知るチキンハートです。小心さを克服するため、大関昇進のかかる名古屋場所が始まる前、東海大学体育学部で応用スポーツ心理学を研究する高妻容一教授のもとを訪ねた。そこで受けたテストでもメンタル面が弱いと判明したそうです。高妻教授は、土俵上でなぜ琴奨菊のふだんのリズムが崩れやすいかを分析した。結果、立ち合いで相手をにらむという行動に着目。それが呼吸を乱していると結論づけました。琴奨菊は平常心を保つために、意識して深呼吸をするといいとアドバイスされ、それを実践していたといいます」(前出・スポーツ紙記者)

 実はあの「世界の王貞治」も丹田呼吸法を実践して、一本足打法を完成させたし、千代の富士も呼吸法をマスターして一時代を築き上げた。琴奨菊のメンタルトレーニングはすこぶる意義深いことだったのだ。