2011-10-07_090317

写真拡大

ニースの1つ星レストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」のオーナーシェフ松嶋啓介がプロデュースする明治神宮前のフレンチ「Restaurant-I(レストラン アイ)」では、10月末までの期間でフランスのニースからリシャール・ヴォレック(Richard Woleck)を迎え、レストラン内にて「再構築」展を開催中。10月28日(金)には、リシャール・ヴォレックと松嶋啓介シェフのトークイベントも行われる。
これは、松嶋シェフが発起人となって始まった「+ ART CLUB」の一環で、今回で、13回目を迎える食とアートイベント。人々が自由な感覚で現代アートに接し、食+ ART(プラス・アート)することによって 生まれる化学反応を誰かと共有するためのコミュニケーションの場だ。

今回の展示は「再構築」をテーマに、CGを駆使し、写真や古い絵画をもとにバーチャルな現代のイメージで再構築し、アルミパネルにプリントするという手法で作品を制作しているアーティスト・ヴォレックの6作品を展示する。レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」をモチーフに、チェ・ゲバラのTシャツを着たキリストやSEX PISTOLSやボブ・マーリーのTシャツを着ている12使徒たちが描かれた作品など、常に社会的なメッセージを含みながらもユーモアのある表現の作品が並ぶ。

10月はアートを身近に感じながら、美味しい料理とお酒を楽しむ。そんな時間を持ってみてはいかが?

作品展示期間10月1日(土)〜10月末
開催日:2011年10月28日(金)
19:00 オープン / 19:30(トーク)〜 20:00(ディナー)〜
会場:Restaurant-I ( レストラン アイ)
東京都渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前1F

トーク テーマ「再構築」(リシャール・ヴォレック&松嶋啓介シェフ)
ドレスコード 「ROCK」(ロック・ミュージシャンとしても活動していたヴォレックさんに因んであなたの思うROCKなスタイルで。ロックなアイテムをワンポイントだけでもOK。)
定員: 80 名
参加費:8,000円(飲食代込)
主催: +ART CLUB
協力:Restaurant-Ila Galerie Ferrero
協賛:株式会社カーヴドリラックス
ご予約/お問合せ: info@plusartclub.com
Tel 03-5772-2091(レストランアイ)



■関連記事
挑発的、頭脳的、かつ軽妙。超ポップな音楽で繰り広げられる反スペクタクルなダンス
エイミー・ワインハウスさんのシークレットアルバムが12月にリリースへ
15分間の世界に酔いしれて…山下敦弘監督の最新ショートムービー公開!
【verita読者限定無料ダウンロード!】今、もっとも注目を集める姉妹ユニット、Summer Twins“The Good Things”の最新トラック
スティーヴン・スピルバーグ、『タンタンの冒険』は大ヒットまちがいなしと太鼓判!