予想落札金額2億超!? 映画「オズの魔法使い」の赤い靴がオークションへ

写真拡大

 1939年に公開された名作映画「オズの魔法使い」で、Judy Garland(ジュディ・ガーランド)演じる主人公ドロシーが履いていた魔法の赤い靴「ルビーの靴」が、2011年12月15日から17日までロサンゼルスで展開される「プロファイルズ ・イン・ヒストリー」でオークションにかけられる。撮影で使われた靴のうち現存しているのは4足のうちの1足が出品される予定。予想落札金額は200〜300万ドル(約1億5300万〜2億2900万円)。

魔法の赤い靴 オークション出品の画像を拡大

 今回オークションにかけられるのは、映画「オズの魔法使い」の最終場面で"かかとを3回鳴らすと、魔法の赤い靴が家まであっという間に連れて行ってくれる"というシーンで着用された「ルビーの靴」。「♯7 ジュディ・ガーランド」という文字と赤く塗られた靴底が特徴で、ドロシーがかかとを鳴らすシーンを何カットも撮ったことによる軽い傷なども当時のまま残っている。そのほか現存する3足は、ワシントンのスミソニアン博物館や個人の所有物として保存されているほか、盗難被害により行方不明になっている。

 「オズの魔法使い」は、1900年に童話作家 Lyman Frank Baum(ライマン・フランク・ボーム)により制作された児童文学。1939年にはファンタジーミュージカルとして映画化されており、「オズの国」をカラーで、「現実世界」をモノクロで撮影したことによる映像の美しさから一躍有名になった作品として知られている。

■プロファイルズ ・イン・ヒストリー
URL:http://www.profilesinhistory.com