コーチ・インクとヤフー・ジャパンが、「Yahoo! オークション」内の偽造品流通撲滅対策に関しての覚書を締結した。両社が相互協力することで消費者の利益を守り、インターネットオークション市場の健全化を図る。なおヤフーは2009年に、「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」を展開するルイ・ヴィトン マルティエとも偽造品流通撲滅対策でともに協力することを発表している。

ヤフーとコーチが偽造品流通撲滅に励むの画像を拡大

 コーチ・インクとヤフー・ジャパンが締結した覚書は、偽造者を市場から追放し、より良いオークション市場を生み出すために密接な協力を促進することを目的としている。具体的には、違反出品者のトレーサビリティ(履歴管理)の確実な実施をはじめ、コーチからの偽造品出品の情報を提供してもらうことで、再発防止を踏まえた削除勧告と一連の再販防止体制の確立、偽造品を検出し削除するための自主パトロールの実施、再発防止策の実施など。「Yahoo! オークション」が実施する積極的な対策や予防措置と、コーチ・インクからの情報提供を中心とした通知システムの2つの軸に基づいて厳格な対策を行っていく。また、インターネット利用者の啓発や日本の警察当局との継続的な協力をより一層努めていくとしている。

 コーチ・インクは、ヤフー・ジャパンが従来行っている偽造品対策を高く評価。今後両社が行っていく偽造品流通撲滅対策を、インターネットオークションサービスを運営する上でのグローバル基準として推進していく予定だ。