岡本太郎生誕100年、一日限りの映画祭でドキュメンタリー公開 ゲストに糸井重里ら

写真拡大

 岡本太郎記念現代芸術振興財団が2011年10月15日、表参道ヒルズで一日限りの映画祭「Roll Over TARO!」を開催する。岡本太郎 生誕100年記念事業の一環として開催されるイベントで、糸井重里やヤノベケンジ、タナカカツキら、現在活躍する4組8名のアーティストをゲストにトークセッションなどを実施。この日のために特別に製作されたオリジナルドキュメンタリーフィルム「岡本太郎」を上映する。

岡本太郎、一日限りの映画祭の画像を拡大

 「Roll Over TARO!」では、戦後間もない頃のニュース映像やプライベートな8ミリフィルムなどの貴重な蔵出し映像を含む膨大な記録を通して製作されたオリジナルドキュメンタリーフィルム「岡本太郎」を一日限定で公開する。そのほか、漫画家タナカカツキ×美術史家 山下裕二、アーティスト 若木くるみ×美術評論家 椹木野衣、現代芸術作家 ヤノベケンジ×ワタリウム美術館キュレーター 和多利浩一、コピーライター 糸井重里×岡本太郎記念館館長 平野暁臣の4組が、"岡本太郎とはなにか"を考えるトークイベントを実施。タナカカツキ、書家 柿沼康二、アート集団Chim↑Pom(チンポム) ら若手アーティストが、岡本太郎やその作品と対峙し創作活動を行う様子を収めたオリジナル映像を会場内で常時上映する。

 2011年は岡本太郎の生誕100年にあたる年。「TARO100 祭@六本木ヒルズアリーナ」をはじめ、今まで存在しないとされてきた岡本太郎の 自画像や妻・岡本敏子の肖像画など、初公開作品を中心とした企画展「もうひとりの太郎」、東京国立近代美術館での「生誕100年 岡本太郎展」、日本万国博覧会のシンボルであった「太陽の塔」にスポットを当てた「岡本太郎 地底の太陽 展」など、アニバーサリーイヤーを祝うスペシャルな企画が実施されている。

■Roll Over TARO!
会場:表参道ヒルズ 本館3階 スペース オー
料金:無料
2011年10月15日 11:00~20:00(予定)
岡本太郎生誕100年記念事業公式サイト
http://taro100.jp/

■問い合わせ先
岡本太郎記念現代芸術振興財団
03-3406-0801